コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


初めて全身麻酔を体験した体験談


      [ 2019/09/18] 生活 健康 編集

手術

僕はここ3ヶ月ほど、病気をして入院していました。

大腸憩室炎が悪化し、開腹手術を行って腸内洗浄をしなければいけないという、とんでもない状況になり、自分自身、人生初の手術と入院を体験することになりました。

そんななか、僕は今回、初めて全身麻酔というものを経験しました。
初めて全身麻酔を体験した体験談の続きを読む


「禁煙セラピー」感想。私は読んだその日にタバコをやめました。


      [ 2018/11/15] 本・音楽 書籍 編集

33年間、1日100本のタバコを吸うヘビースモーカーだった著者が自らの体験を踏まえ、「やさしく禁煙させる本」です。




元々、著者がヘビースモーカーだっただけに説得力はバツグン。

白状しますが、私は約13年間、タバコを吸い続けていました。吸わなかった時がないくらいです。しかし、逆流性食道炎持ちの私にとってタバコは天敵。止めよう止めようと思っていても、結局「ま、いいか」で終わっていました。

そんな折、知人から薦められてこの本を購入し、なんとその日のうちにやめることができました。
「禁煙セラピー」感想。私は読んだその日にタバコをやめました。の続きを読む


妄想癖は危機回避に役立つ


      [ 2017/01/27] 生活 健康 編集

考える私はよく「妄想」するクセがあります。

「こうなったらどうしよう」
とか
「もしこうなったらどうすればいいんだ」
とか、そういうことを考えまくるときがかなりあるんです。

あるとき、ふと気づきました。

この妄想グセって、危機回避能力に役立つんじゃないの?…って。
妄想癖は危機回避に役立つの続きを読む


臨床心理士から学んだ大切なこと「後先考えず」「思い切って」「あえてやる」ことも必要


      [ 2016/12/19] 生活 健康 編集

白衣を着た医者から励まされる


普段からお世話になっている臨床心理士の方から学んだ、ためになることです。ぜひ、同じようなことで悩んでいる方のための助けになればと思い、今回、書いてみることにしました。

私は専門家ではありませんので、誰にでも当てはまるとはかぎりません。何かのヒントにしてください。
臨床心理士から学んだ大切なこと「後先考えず」「思い切って」「あえてやる」ことも必要の続きを読む


不安のメカニズムと安全確保行動 今日から不安の付き合いかたが変わるかも?


      [ 2016/12/08] 生活 健康 編集

不安今回は短く、グラフを使ってざっくりと説明します。あれこれ見てとか言いません。グラフを見て納得していただければ幸いです。

私が過去にカウンセラーから学んだことです。

人は不安になると、その度合いがだんだんと上がっていきます。そしてピークを迎えると、不安を消すためにいろいろな行動をするようになります。

私の場合、不安を消すために行ったことは「話しまくる」ということでした。しかし、それで不安が完全に消えるわけではありませんでした。
不安のメカニズムと安全確保行動 今日から不安の付き合いかたが変わるかも?の続きを読む


朝ドラの音を聞くと不安になっていたことがあった


      [ 2016/11/30] 生活 健康 編集

不安3


これ、理解されるかどうかわかりませんが、家にずっといた時代、私は隣の部屋で親が見ている朝ドラの主題歌を聞いたり、ドラマ内のBGMを聴くと鬱になっていました。
朝ドラの音を聞くと不安になっていたことがあったの続きを読む


引きこもり体質脱出のために行うたった1つのこと


      [ 2016/11/12] 生活 生活全般 編集

1つだけならできる、そう、1つだけなら。

私もかつては家にずっといて、外に出るのがおっくうな時代がありました。心療内科体験談11のポイント まだ行ったことがない人のためにで、心療内科に行っていた時期です。

外に対する恐怖感


家にずーっといた結果、外に対して恐怖感が出るようになりました。

ある日、街中でハンバーガー買ってトレイを手に持ったら、震えが来たことがありました。

「これはいかん!」


そのときです。自分の行動パターンを変えないと大変なことになると判断したのは。それ以降、自主的にいろいろなことをやって、いわば「引きこもり脱出」のようなことをやり、いまでは普通になりました。

普通の人でもずっと家にいたらこうなる可能性は高いです。街中が妙に怖くなったり、人の目が気になりすぎて怖くなる。社会不安障害みたいな感じになると、それを改善するのは


たったひとつです。それは…
引きこもり体質脱出のために行うたった1つのことの続きを読む


ツバを飲むたびに耳が「バチッ」といって膜が張ったようになる現象


      [ 2016/10/20] 生活 健康 編集

※今回の記事は、あくまで個人的な方法でなんとかしたものですので、心配な方は専門医の診察を受けてください。

耳をすませば2私の耳は、ツバを飲むたびに

「バチッ」

と音がして、その後、膜が張ったようになって聞こえが悪くなります。

子どものころ、中耳炎をやっているので、もしかしたらそのせいかなと、一度、耳鼻科に行って診察してもらったことがあるのですが、そのときの診断結果は

滲出性中耳炎

というものでした。
ツバを飲むたびに耳が「バチッ」といって膜が張ったようになる現象の続きを読む


心療内科体験談11のポイント まだ行ったことがない人のために


      [ 2016/10/14] 生活 健康 編集

スーツで悩む



私は過去、心療内科に通ったことがあります。

そのおもな原因は仕事のストレスからであり、それまで抵抗感のあった心療内科というところに行くまでには、相当な葛藤とハードルがありました。しかし、いざ行ってみるとそうでもなく、現在では元気になって普通になれたので、あの時期に行っていてよかったと思います。

そこで、心療内科に行ってみたいけど行けない人、また、一歩が踏み出せずにいる人のために、記事にしてまとめてみようと思い立ちました。

今回の記事が心療内科への一歩になれば幸いです。
心療内科体験談11のポイント まだ行ったことがない人のためにの続きを読む


何事にも敏感すぎる僕は「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」かもしれない


      [ 2016/08/10] 生活 健康 編集

2016年8月10日の北海道新聞の記事(24面)です。

道立緑ヶ丘病院(十勝管内音更町)の精神科医長、長沼睦雄さんが札幌市内で行った講演の記事から「HSP」という気質の人が存在するということを知りました。


HSPとは


ハイリー・センシティブ・パーソンの略で、全人口の15%~20%程度の割合でいる人で、光や音などに感受性が強く、敏感すぎる人を指します。病気ではなく、そういう気質だということです。

また、喧騒の中でエネルギーを充電することは苦手で、一人静かな場所でエネルギーを充電するタイプなんだそうです。

HSPとは
HSP(Highly Sensitive Person) 「過度に敏感過ぎる人」という意味
感受性が強く繊細な神経を持つため神経が高ぶりやすく敏感。
これは持って生まれた特性で、5人に1人はHSPだと言われてる。
HSPの具体的な特徴を列挙してみると、
大きな音などにびっくりしやすい
やたら神経質で引っ込み思案
その場の空気を読む感度が異常に高い

自分がHSPだと知って心が軽くなったよ - 要件を言おうか


これまでの自分の人生を振り返っても、光や音に敏感だったり、神経質で引っ込み思案で、空気を読むがゆえに話の輪に入れなかったり、神経が高ぶりやすく、疲れきってしまったことがありました…。

HSPかもしれない。そう思った僕はネットでいろいろ調べてみました。すると、予想以上に多くのサイトや悩んでおられる方のブログが出てきました。「こんなに悩んでいる人がいるんだ…」と驚きました。

そんな中、「HSP診断テスト」というものがあることを見つけました。これはHSPを提唱したエレイン・アーロン博士のホームページに掲載されているチェックテスト表です。便利にチェックできますので、活用してください。

HSP診断テスト


これは、「HSP診断テスト」です。

Are You Highly Sensitive?


14個以上当てはまったら、HSPの可能性が高いとされています。また、一つでも非常に強い傾向だとHSPの可能性があるとのこと。

僕は22個当てはまっていて、「ああ、HSPだ」と感じました。


HSPの人はマイペースで自分一人だけで行える仕事が向いているそうです。

次からは、これまでの自分の人生を振り返ってみて、僕がHSPだと思う事例が多々あったことに気づきました。それを追記でご紹介していきます。
何事にも敏感すぎる僕は「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」かもしれないの続きを読む




タグcloud
リンク