コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


ゲームの攻略本を読むだけで楽しめるというゲーマーならではの喜び


      [ 2015/12/24] ゲームその他 編集

ゲームの攻略本を読んでいるだけで、楽しくてしょうがなくなる。

そんな人は僕以外にもいるのではないでしょうか。僕の場合は攻略本をトイレで読むのに最適だと思っています。

なにより、データベースや武器防具のグラフィック、敵キャラのデータなどを見ているのがすごく楽しいんです。


ドラゴンクエストモンスターズ1・2 星降りの勇者と牧場の仲間たち (Vジャンプブックス―ゲームシリーズ)

ドラゴンクエストモンスターズ1・2 星降りの勇者と牧場の仲間たち (Vジャンプブックス―ゲームシリーズ)


ドラクエの場合、モンスターデータやグラフィック、それにともなうデータを見ていると、世界観がより深くなっておもしろいんです。


SDガンダムGGENERETION‐Fを一生楽しむ本 (プレイステーション必勝法スペシャル)

SDガンダムGGENERETION‐Fを一生楽しむ本 (プレイステーション必勝法スペシャル)


SDガンダムGGENERATION F 最強攻略大全 (講談社ゲームBOOKS)

SDガンダムGGENERATION F 最強攻略大全 (講談社ゲームBOOKS)

Gジェネの場合は、なんといってもMSデータを見るだけで楽しい!!
開発先のデータを見ていると、GジェネFをやりたくなるから不思議です。


サガフロンティア解体真書

サガフロンティア解体真書

サガフロの解体新書は、攻略本としての基礎から応用までがすべて詰まっていると思うんです。マップの攻略ルートや各主人公のプロフィール、仲間になるキャラクターデータなど、サガフロンティアを100倍楽しむためにあるような本です。

これこそ攻略本!と言いたいデキなんです。


その昔、学生時代にこんなことを言っている知人がいました。


「ゲームの攻略本読むのが楽しいとか信じらんねえ…」


ゲーマーじゃない人にとっては、攻略本を読むのが楽しいという気持ちは理解できないものなのかもしれません。しかし、僕はデータをながめているのが楽しいというのは、ゲーマーでなければ味わえない喜びであると思います。

トイレで用を足しているときに攻略本広げて、データ見てるのがすごい楽しいとかいうの、僕だけですかね?(笑)


いろいろな自己啓発本を読んでみたが、そこに共通していたこと


      [ 2015/06/29] 生活 生活全般 編集

椅子の上にある本ここ数ヶ月、いろいろな自己啓発本を見てきました。

そこで共通して言われていたことがいくつかあるのでご紹介します。

僕は「こうすれば精神力を強く保てる」とか「こうすればうまくいく」という本をよく読みます。たぶん、ああいうのは「自己啓発本」になるんでしょう。「意識高い系」の人が読んでいそうな本。あれです。

でもこういう本、好きなんですよ。

意識を高く持つまでには至っていない僕が、「なんとか意識を高く持っていたい」という願いのラインを下げないために読むのがこの系統の本なんです。


そこに書かれていた、いくつかの共通性とは…?
いろいろな自己啓発本を読んでみたが、そこに共通していたことの続きを読む


【本】ホラーの夏!この本見とけ!『新耳袋殴り込み』シリーズ


      [ 2015/06/25] 本・音楽 書籍 編集

新耳袋殴り込み 第一夜<新耳袋殴り込み> (角川ホラー文庫)新耳袋殴り込み 第二夜<新耳袋殴り込み> (角川ホラー文庫)新耳袋殴り込み 第三夜<新耳袋殴り込み> (角川ホラー文庫)



現代怪談の雄、『新耳袋』。この怪談に登場する数々の心霊スポットに

  • 御札や数珠を持たず
  • 徹底的に霊を挑発して
  • 心霊現象を撮影することを目的とした
  • 命知らずの殴り込み集団『殴り込みGメン』

たちの冒険譚をつづった一冊。著者のギンティ小林氏も殴り込みGメンの一員である。
【本】ホラーの夏!この本見とけ!『新耳袋殴り込み』シリーズの続きを読む


直木賞受賞の西加奈子さん、新日本プロレスのファンだった!


      [ 2015/01/17] 本・音楽 書籍 編集

サラバ! 上文学界にもプロレス女子がいた!

直木賞受賞作家の西加奈子さんがなんと新日本プロレスの大ファンであることがわかり、私はひとりいきり立っています。しかも37歳と同い年!頑張って欲しいですよね!

そんな西さんはイラン、テヘラン生まれの37歳。大阪府立泉陽高等学校、関西大学法学部卒業。「ぴあ」ライターを経て小説家に。2005年『さくら』が20万部を超えるベストセラーとなり、2012年5月、『きいろいゾウ』が、宮崎あおいと向井理出演で映画化。

西さんは文学界も一時期のプロレスと同じく低迷期にあるといい、そんな中、棚橋選手や中邑選手が頑張って新日本プロレスを盛り上げてきたのを見ている。だから私も信じていることを全力でやり続けたいとテレビのインタビューで語っておられました。そんな西さんのプロレス好きは以下。

・新日本プロレスのファンであり、プロレスが低迷期を経て棚橋選手たちが現在の状態まで持ってきたことを知っているので、「文学も信じてやってきてよかったですと言いたいです。」
・今年の1.4ドームに行った
・後楽園ホールで見る機会が一番多い
・「中邑選手が『プロレスは一番すげえんだよ』と言っていましたが、私も文学はすごいということを言いたいし、信じていることをやり続けたい


同い年であり、直木賞を受賞された西さん。しかも新日本プロレスのファンで低迷期も知っている。そして現在の盛り上がりまで見てきて、後楽園ホールで見る機会が多いとか、間違いなくガチファンじゃないですか!嬉しいです。

これから文学界のレインメーカーとして金の雨を降らす!?いや、もうすでに降らしているのかも…?

関連リンク


西加奈子さんコラム『私とイッテンヨン』:新日本プロレスワールド
西加奈子 - Official Website -
直木賞受賞・西加奈子氏、プロレスから勇気もらう | ORICON STYLE
直木賞受賞の西加奈子さん、会見で語ったプロレス愛 出版界と重ね - 芸能 - ZAKZAK
新日本プロレスリング


【プロレス本】金沢克彦著『元・新日本プロレス』読了


      [ 2014/08/30] プロレス その他 編集

2010年10月、宝島社より発売された同書を文庫化したものです。

この本は「GK」こと、金沢克彦氏がその取材において、新日本プロレスから離れた人たちの「今」を取材されておられます。小原道由、片山明、大矢剛功、栗栖正伸、越中詩郎、大谷晋二郎といった面々がその思いの丈を話しています。

【プロレス本】金沢克彦著『元・新日本プロレス』読了の続きを読む


【マンガ】一家に一冊は置いておきたい非常用マンガ さいとうたかを「サバイバル」


      [ 2014/05/31] 本・音楽 書籍 編集

週刊少年サンデーで1976年から1978年まで連載されていた、さいとうたかを著「サバイバル」。まさに一家に一冊は置いておきたいサバイバルマンガです。

主人公のサトルが突然起きた大地震に巻きこまれるも生き残り、家族に再会することを目標にサバイバル生活をしながら旅をする物語です。

このマンガのすごいところは、「ある日突然に大災害に巻きこまれたら、どうやって生き残るべきか」ということをマンガを通じて教えてくれます。私も昔、このマンガを読んでサバイバル知識を得ました。

・中身が膨らんでいるカンヅメは食べてはいけない

・災害時には動物が水を飲んでいる場所で飲め

・ザリガニの胃石には眼病を治す効果がある

・カタツムリを焼いて食べると立派な料理になる

・日本古来のかやぶき屋根のほうが通気性がよく、暑い場所でも涼しげに寝られる

・暑い場所で水を得るには、シャツなどを布代わりにして木にくくり、地面から上がってくる水蒸気を水に変えて飲むことができる

・ミミズは栄養価が高いので食べられる


序盤から中盤まではまずこのマンガに文句をつける人はいないでしょう。後半になるとサトルのサバイバル能力が高まっていくため、少々の難所では折れなくなっています。現実的ではないストーリー展開などもありますが、それでも読者を惹きつける要素はたっぷりあり、読み始めると止まらなくなります。

災害時に人間の本性がわかるということをこの作品は教えてくれます。家庭菜園を作って食べられる野菜を作ろうと考えたサトルがデパートに立ち寄ったとき、宝石売り場に多数の白骨死体が転がっているシーンがありました。この状況じゃ宝石なんか役に立たないのにと思いました。

サバイバルの魅力を本編に絡ませて語ると、これから読まれる方の妨げになってしまうので、ぜひとも一度読まれることをおすすめします。サバイバル知識が身につくだけでなく、いざ災害に遭ったとき、自分はこういった行動ができるだろうかということを考えるためにも、一家に一冊は置いておきたいですね。


ジョジョリオン5巻・6巻感想 カツアゲロードとつるぎちゃんのスタンド、そして「呪い」


      [ 2014/05/01] 本・音楽 書籍 編集

ジョジョリオン 5 (ジャンプコミックス)
ジョジョリオン 5 (ジャンプコミックス)


恐怖の『カツアゲロード』で意味がわからずカツアゲされる定助と常秀。

その謎はカツアゲロードに落ちている『落ち葉』にありました。

ジョジョリオン5巻・6巻感想 カツアゲロードとつるぎちゃんのスタンド、そして「呪い」の続きを読む


【プロレス本】別冊宝島『プロレス 点と線』 レビュー


      [ 2014/04/25] プロレス その他 編集

プロレス 点と線 (別冊宝島 2166)ノアの仲田龍元GMの逝去を受け、その話題がトップに来ている本書を購入。

仲田氏の一件の経緯から全日本プロレスの現状、WJの話、そして株価が3倍になったというユークスの話など、近年のプロレス話題に関して尽きることがない一冊だった。

【プロレス本】別冊宝島『プロレス 点と線』 レビューの続きを読む


ファミコン世代必読!☆5つのファミコン本『超ファミコン』


      [ 2013/07/08] ゲームその他 ゲーム思い出話 編集

超ファミコン超ファミコン
(2013/06/20)
多根 清史、阿部 広樹 他

商品詳細を見る



超ファミコン

ファミコン生誕30周年を記念して、クソゲーハンターが
懐かしの名作・迷作・怪作、100本を徹底レビューしたこの本。

あの迷作映画『高橋名人 vs 毛利名人』の裏側を語った超ロングインタビューや、各種ゲームの裏話が満載で、とても面白い本です。

ファミコン世代必読!☆5つのファミコン本『超ファミコン』の続きを読む


ジョジョリオン 4巻 感想 ついに康穂のスタンドが発現ッ!そして追跡スタンド本体と定助の正体も判明だッ!


      [ 2013/06/02] 本・音楽 書籍 編集

前巻、3巻の感想からもう半年!待ったよぉ~ッ!

というわけで、

ジョジョリオン 4巻

の感想!!


今回は物語の中心部分に触れるような壮大な事実が明らかになるので、まだ読んでいない方、これから読もうと「少しでも」思っている方は、ここでお帰りください。面白さが半減してしまいますので・・。ちなみに4巻は定助の秘密や東方家の秘密、そして康穂について色々なことがわかってきます。

ジョジョリオン 4巻 感想 ついに康穂のスタンドが発現ッ!そして追跡スタンド本体と定助の正体も判明だッ!の続きを読む




タグcloud
リンク