2009年04月:(no.19.26.23.11.21.9.8.20.7.6): AMGブログ 2009年04月 day.29.28.26.25.24.23.22.22.21.20 【 AMGブログ 】

コラム、ゲーム、PC・ネット、生活、プロレス情報などを幅広くお届けしています。

スポンサーリンク



『黄金の太陽 開かれし封印・失われし時代』 レビュー


      [ 2009/04/29] ゲームレビュー RPG 編集

GBAで最高のRPGと言われている「黄金の太陽」。
2001年に「開かれし封印」、2002年に「失われし時代」が発売され、
携帯機としては異例のスケールのゲームでした。



ストーリーがものすごいボリュームであり、データーコンバートもでき、
ジンという存在、サテュロス、メナーディ、カースト、アガティオといった
プロクスの民が絡み、携帯機RPGの概念を覆したゲームと言えます。
ただし、このゲームはあと1歩、いえ、3歩ぐらい必要だったのではないかと思います。

『黄金の太陽 開かれし封印・失われし時代』 レビューの続きを読む
このカテゴリのランダム記事


地デジ移行の新キャラクター「地デジカ」


      [ 2009/04/28] 芸能・ニュース 編集

「総務相、地デジ新キャラクター発表会に」 News i - TBSの動画ニュースサイト
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4118702.html


なんというデザイン・・。(笑)
地デジカは人気が出そうな気がするのは私だけでしょうか。
あの草なぎさん降板からわずか2~3日で完成した新キャラクター「地デジカ」。
レオタードのようなコスチュームを着ています。

「草なぎさんの件は、彼も立派に大人の反省をして、立ち直ってくださることと信じているが、彼がいない分は、この地デジカ君に頑張ってもらわなきゃならんな」(鳩山邦夫総務相)


まだ根に持ってるんですね・・。
そりゃそうか。あれだけアピールしてた矢先の事件でしたからね。

ところで、時間をかけて考えたものよりも
このように突貫で考えた感のあるもののほうが
なんとなくシックリ来ている感じがしませんか?
案外、そんなものなのかもしれませんね。
このカテゴリのランダム記事


アニメの女の子と筋トレできるDVD『いっしょにとれーにんぐ』


      [ 2009/04/26] アニメ いろいろ 編集

これはすごいトレーニングビデオ(笑)
なんか話題みたいなので記事を見てみたらかなりスゴイ。

アニメの女の子と筋トレできるDVD『いっしょにとれーにんぐ』


いっしょにとれーにんぐ [DVD]

「アニメの女の子とトレーニングをする」っていう発想がうますぎます。
よくこれ考えたなあ・・発想に完敗です。
ビリーズブートキャンプよりも、これならやる人いそうですもんね。

腕立て伏せ・腹筋・スクワットの3種類のトレーニングが収録されており、3種あわせて1分間という非常に短い時間で気軽に運動できる。毎日トレーニングを続けられるよう、本編はひなこと会話をしているようなストーリー仕立てになっている。


と、3種類の運動で1分間でいいそうです。特典映像なども入っており、
トレーニングビデオというよりは、普通のアニメ作品という気もします。

しかし、アングルとか色々狙いすぎ!(笑)
なんで肩紐がずれている!?
腕立てのシーンも色々とおかしい!
というか、後半になればなるほどカオスなんですが、
いったいどこをトレーニングしろと言うんですか!

主人公、ひなこの設定がまた・・・。

中学2年生の時にアニメの世界に入り、アニメキャラクター化してしまう。


これはひどいと言うべきか、ある意味伝説と言うべきか・・。

あれ?「いっしょにすりーぴんぐ」って・・・まさかの続編発売!?
快眠・・・できるか(笑)!

いっしょにすりーぴんぐ - PRIMASTEA


いっしょにすりーぴんぐ [DVD]
このカテゴリのランダム記事


テイルズ オブ ザ ワールド 「なりきりダンジョン2」は至高の面白さ


      [ 2009/04/25] ゲームレビュー RPG 編集



草なぎ容疑者逮捕で出演番組を差し替え


      [ 2009/04/24] 芸能・ニュース 編集

出演番組を差し替え=草なぎ容疑者逮捕で-フジテレビなど(時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000217-jij-soci


まあビックリしましたねえ・・・。草なぎ「容疑者」ですよ。容疑者。
昨日までスターだったのに、一夜にしてこのような。

不謹慎かもしれませんが、これが芸人だったらなあ・・と思いますよ。
いくらでもネタにできるのに、SMAPではそうもいきません。
草なぎ容疑者逮捕の余波は、早くも色々な所に出ているようです。

これもその一つ。逮捕を受け、フジテレビなどが出演番組を
急きょ差しかえることにしました。明日のいいともは当然ながら出演不可能。
おそらく金曜メンバーからは外されるでしょう。
来週月曜日の「SMAP×SMAP」は名場面集みたいなのになるようです。
28日放送の「『ぷっ』すま」も、出演内容を変更したり差しかえたりするみたいです。

鳩山法務大臣も怒ってましたけど、あれは言葉を選ぶとか
そういう余裕もなく、普通に怒ってたんでしょうね。
イメージキャラクターとして起用したのに、この事件でポスターやら
CMやらをすべて変えなければいけなくなったという、その怒りでしょう。
ただ、「最低な人間」まで言わなくてもいいんじゃないかと思いましたが。

でも、5時間も経ってまだアルコールが抜けていないというのは
かなり飲んだんでしょう。移送されるときの顔が疲れていましたから、
シラフに戻ったとき、なんてとんでもないことをしてしまったんだと思うと思います。
活動も自粛させるみたいですし、以前の稲垣メンバーのように
数ヶ月経ったら復帰・・という流れになるんでしょうか。

「酒は飲んでも飲まれるな」

この格言、本当にその通りだと思います。

このカテゴリのランダム記事


ニコニコ動画一般化へ向けて思うこと


      [ 2009/04/23] PC・ネット・ブログ ネット 編集

初音ミクやアイマス“以外”を目立たせたい――ニコニ広告の狙い、ひろゆき氏に聞く (1/2) - ITmedia News


まあ、確かに、それ系の動画は多いですよね。
なぜ日本では「素人の撮った動画が流行らないのか?」と思いますが、
実際はけっこう流行っていると思うんです。

例を挙げれば「ヲタケン」さんとか。
素人というかセミプロですけど、そういった人たちが活躍できる場が
日本国内のネットに出来たというのは画期的だと思うんです。
MEGWINさんのように、自前で放送局を開設して
毎日、面白い動画を上げていらっしゃる方もいます。

毎日面白動画のMEGWIN TV


ただ、それはニコニコ動画の場合、なかなか認知されない。
というよりも、面白いことができる人が去ったと言うべきでしょうか。
おそらく、RCあたりから低年齢化が始まり、現在ではひろゆき氏の言うように
アイマス、初音ミク、東方、いわゆる“御三家”が流行っている状態。
一般人、ひろゆき氏曰く「スイーツな方々」をもっと入れたいという戦略とは
少し違ってきているようです。「だったらYouTubeでいいじゃん」というのはもう古くて、
せっかく、日本国内でこれだけ大きな動画サイトがあるので、
可能性を探ったほうが良いと思います。

今はどうか知りませんが、各カテゴリのランキングが
1時間ごとに更新されていた時期は、「なんだこの動画!?」という動画が
上がってきていたものですが、現在では1度ランキングに入れば、その動画は
1週間、ランキングに上がったままなんですよね?

あのシステムになってから、「埋もれた良動画」が
上がって来なくなったという印象があります。
最近ではまた少し違っていて、昔のハプニング動画などが
エンターテイメントのランキングに上がっていたりしていますが。

ひろゆき氏は、ニコニ広告を使って、埋もれた動画を発掘してもらいたいという
思いがあるようです。とすれば、御三家以外の動画が
たくさん入ってくるにはどうしたらいいでしょうか。かなり難しい課題だとは思います。
元々、「ニコニコ動画=オタクのメッカ」みたいな印象があったと思うんですよ。
初期の頃は違っても、だんだんとコミケみたいな場所になってきましたよね。
それでスタートしてる以上、オタク以外の人間を引っ張ってくるとなるとこれは難しい。



ひろゆき氏は別のインタビューで
「ヤフーを使う人たちが来てくれるようなサイトにしないといけない」
と語っています。

ひろゆき氏に聞くニコニコ動画のこれから 「動画のiTunesに」「見通しは明るい」 (1/4) - ITmedia News


ただ、ゲームやアニメが半分以上だったニコニコに
一般ユーザーを取りこむというのは至難の業だと思います。
前情報がない段階で一般人がニコ動を見たら
「アニメとかゲームしかないじゃん」ていう。

広告の影響も大きいですよね。大体がアニメやゲームの広告なので
どうしても「そっち系のサイトなのかな」と思う人が出てくる。

以前、お遊びでニコニコのことを知らない、いわゆる「一般人」の友達に
ニコニコ動画を見せてどう思うかっていうのを、1度やったことがあるんです。
そこで帰ってきた答えは十中八九

「アニメとかゲーム以外の動画ってないの?」
「なんか面白い動画ないの?」


この2つだけでしたね(笑)。
「いやいや、それだけじゃないんだよ」と言っても
「なんか、わけわからないタイトルの動画が多いじゃん」で終わってしまう。
結局、一部だけの騒ぎになっていて、一般性があるのかと聞かれると
それは「今はちょっとないんじゃないか」と答えるしかないです。

その友達も、結構いいところを突いていたんです。
「YouTubeみたいに、ハプニング系とか、車の動画とか
そういうのがなんでランキングに少ないの?」
と言ってました。

確かに一般の人は、そういう動画がたくさんないとなかなか受け入れてくれない。
バンッって見たときに、「オタク系のサイトだな」っていう先入観念を
持ってしまわれると厳しいでしょう。

コメントの影響もかなりありますね。インタビューでも出ていますが、
否定的な人が100人に1人しかいなくても、その人が声を大きくすれば
「あ、こういう場所なんだ」と誤解させることができる。匿名性の弱い部分です。
一部の声が大きい人たちが得をするという特殊な環境である以上、
そこに「一般」の意見が増えることは限りなく難しいと思います。

スイーツな人たちを取りいれるとなると、いわゆる「オタ臭」を排除しなくてはいけない。
自分はオタ臭オッケーな人間なんですが、一般化はなかなか難しいだろうなと。
昔は「つまらない動画をコメントで面白くする」だったのが
今では「面白い動画がコメントでつまらなくなる」という事例のほうが多いと思います。

ひとつの面白い動画があったとして、100人がコメントを打たずに見ている。
そこでたった1人の人が「つまんねー!」と延々コメントを打てば、
初めてその動画を見る人に錯覚させることができてしまう。
そうすると「面白い動画がコメントでつまらなくなる」。

最も「ウリ」だったはずのコメント機能が、煙たがられつつあるというのも皮肉な話です。
そんな中でも、ユーザー生放送はコメント機能をフルに活用した成功例だと思います。
ピアキャストなどでお馴染みだった「個人による動画配信」は
ポート解放など、面倒くさい手順を踏まなければできませんでした。
それが「ニコニコ生放送」の登場によって、動画編集能力のない人でも
スキルのある人はそこでアピールをすることができるようになりました。

コメント機能が一番生かされるのは、実は「ライブ」なんですよね。
あれこそ、コメントの正しい使いかたという気がします。
ニコニコ生放送は、現在ではニコニコポイントを使って
生放送の優先参加や放送時間の延長もできるようです。



YouTubeで発掘してきましたが、
このような動画がもっともっと増えればニコニコも変わっていくんでしょうけどね。



今やニコニコ動画は「クリエーター」中心の動画サイトになっています。
pixivのように「プロ」が気合を入れて動画をアップするという場所に。
その時に一般人が多くいないと、内輪騒ぎで終わってしまう。
現状でもかなり内輪だと思います。面白い動画というのは、事前情報がなくても
ほとんどの人が笑えたり、感心する動画を指すと思います。
ならばそういった動画が増えれば、イメージもまた違ってくると思うのですが。

日本の特性なんでしょうかねえ。
どうしても閉鎖的になりがちなのは、日本が島国だからかも。

このカテゴリのランダム記事


脱出ゲームというジャンルについて


      [ 2009/04/22] ゲームその他 考察・雑記 編集

脱出ゲームというジャンルは、ここ数年で一気にブレイクした感があります。
DSで「クリムゾン・ルーム」が発売されたりと、
脱出ゲームは単なるフラッシュゲームの枠にとどまらず、
いよいよ一般へ知られていくのでしょうか。

脱出ゲーム - Wikipedia
FASCO-CS(クリムゾン・ルーム制作者様のサイト)

脱出ゲームというジャンルについての続きを読む
このカテゴリのランダム記事


エレカシ問題、DJと宮本氏が謝罪


      [ 2009/04/22] 芸能・ニュース 編集

4月21日  お詫び (蜻蛉日記)
http://www.morinobuna.com/blog/2009/04/21.html

エレファントカシマシOffcial Web Site
http://www.elephantkashimashi.com/


あのエレカシ問題について、両名が謝罪しました。

エレファントカシマシの宮本氏がラジオでキレたらしい
http://amg2009.blog10.fc2.com/blog-entry-15.html


DJの鈴木さんは公式ブログ、宮本氏は公式ホームページに
直筆の手紙を掲載して、謝罪の意を表しました。

これでこの問題は一応終結ということになるんでしょうが、
ゲスト、パーソナリティ両名ともに、ああいう場所で
取るべき態度というものがあるはずです。
自分よりも年上の方が、子供の喧嘩みたいなことをしていると悲しくなります。
もっと公共の電波を使って喋っているという自覚を持って頂きたいと思います。

このカテゴリのランダム記事


隠れた名作!「超ドラゴンボールZ」


      [ 2009/04/21] ゲームレビュー アクション 編集

アーケード稼動開始直後から、あまり人気がなかった印象があるこのタイトルですが
個人的に隠れた名作!長所・短所をまとめてご紹介します。

【長所】
・キャラクター別コスチュームが多種多様
 (ゼットソードコスやヤードラットコスなど)
・ドラゴンボールの格闘ゲームとしては随一のクオリティ
・ドラゴンボール集めだけで遊べる
・基本グラフィックが原作準拠
・カスタマイズがかなり遊べる。他キャラクターの必殺技を
 習得できたりもする。


【短所】
・ストーリーモードがアーケード準拠なので
 どうしても短く感じてしまう
・サバイバルモードがあるのは良かったが、100人組み手など
 もっともっとやり込める要素があってもよかった。
・コスチュームが豊富なのは良いが、その7割が色違いのため
 集めるのが面倒になる可能性も


・・・・と、色々と書きましたが、長所の欄にもあるように、
ドラゴンボールの格闘ゲームとしてはかなりの出来です。
コマンド入力式の本格格闘ゲームなうえに、上空への移動や
分割ステージなどで相手を叩き落す時の爽快感も○です。

一番嬉しかったのは、成人期のチチがいることです。
成人期のチチを操作できるゲームは、今のところこれしかありません。
スパーキングシリーズで成人期チチが出なかったのは、
超ドラゴンボールZに出ていたから・・なんて噂も立つほどでした。

技やコンボに関しては、極めれば極めるほどに
格闘ゲームとして完成されているゲームだなあと思いました。
アーケードではイマイチでしたが、内容はかなりの良作です。
掘り出し物でした!

超ドラゴンボールZ公式サイト
超ドラゴンボールZ - Wikipedia
超ドラゴンボールZ攻略


超ドラゴンボールZ超ドラゴンボールZ
(2006/06/29)
PlayStation2

商品詳細を見る

このカテゴリのランダム記事


ブログは【日記】か【情報発信ツール】か


      [ 2009/04/20] PC・ネット・ブログ ブログ 編集

「ブログ」とは「ウェブログ」が略された言葉であり、
元々は自分が気になったニュースやサイトなどのURLを、
寸評つきで紹介した英語のものとされています。
日本でブログが一般的に受け入れられたのは2002年頃ということですから、
2002年をブログ出発の年とするならば、まだ7年しか経っていません。

私的観点ですが、私は「ブログ」とは「情報発信」の場としています。
日記ではなく、自分から多数の人へ「情報」を「発進」する場所が
「ブログ」という位置づけだと勝手に思っています。

ブログの源流が「ニュースやサイトなどのURLを寸評つきで紹介」であるならば、
ニュース系まとめサイトなどはブログの最たるものと言えるでしょう。
現在では、ブログはホームページに取って代わるほどに成長しています。
多種多様なブログサービスの登場、魅力的なプラグイン、無料で開設できる敷居の低さ、
文章を書くことが好きであればあるほどに、いかようにもその姿を変えることができる
魅力的な場所がブログなのです。

そんな私も、昔は日記代わりとしてブログを書いていました。
しかしある時、「自分の言葉でしか書けない情報」があるんじゃないか?
そんなふうに考えるようになりました。

ひとつ申し上げておきたいのは、「日記」と「情報」の違いです。
ここで申し上げている「日記」とは

「今日は○○を食べましたおいしかったです。」
「明日の予定は○○へ行きます。」


など、個人にしかわからない文章ということです。
そこに「情報」を加味するならば

「今日は○○を食べました。ちなみにこのレシピは・・」
「明日の予定は○○へ行きます。○○といえば・・・?」


どうでしょうか。
最初の文章は「日記」で、後の文章は「日記」に「情報」をプラスしたもの。
つまり、こんな簡単なことであなたの日記は情報発信へと変わります。

「○○を食べた」だけでは終わらず、レシピを紹介することで
調理法を求めている人が見に来てくれるかもしれません。
「○○へ行きます。○○といえば・・?」と書くことで、
そこに行ったことがない人への事前情報提供にもなります。
もしくは、その場所に行ったことがある人との情報共有も可能になるかもしれません。

自分は平凡な一市民です。そんなに専門的な知識もあるわけではありませんが、
だからと言って、何も書けないということはないと思います。
誰であれ、自分の言葉で書いたものには魂がこもるもの。
年齢も関係なく、職業の壁も越え、自分だけのスタイルで色々なことが試せるのです。
学生時代から国語が好きだった私は、いつしかブログをホームページ代わりに
しようと考えました。今ではそういう人が多いのではないでしょうか。

今、日本ではブログを開設している人が2006年3月末の時点で
2500万人を超えているそうです。

ブログを週1回以上更新している人は全体の6割もいる一方で、
「ブログの1日の平均アクセス数で500を超えるものは
全体の2.3%しかいない」という結果があります。

ブログ週1回以上更新が全体の6割 アクセス数の実体も - Ameba News [アメーバニュース]
http://news.ameba.jp/weblog/2008/05/14077.html


これからは日記だけではなく、情報発信基地としてブログを使えば
その注目度は飛躍的に高まると思います。
これはもちろん、自分自身に向けての言葉でもあります。

このカテゴリのランダム記事




タグcloud
リンク
フリーソフトラボ.com
俺とゲームの素晴らしき時間
まじめ系クズの日常
青空プロレスNEWS – 新日本プロレス・WWEの海外最新速報ニュースピックアップ
陰陽座コピーバンド「魂響(Tamayura)」Webサイト 魂響
ニコニコ動画研究部
ひといきゲーム - 無料フラッシュゲームがたくさん!
実は都市伝説
検索窓.com
お手軽ゲーム館
ゲーム生活はじめました。
オールフリーソフト Windows 7・8対応のフリーソフト
オールフリーソフト更新情報
New ひろのブログ
Wii&WiiUおすすめゲームソフト集
☆ニョッキ動画
新作オンラインゲームベスト
フラシュ - 無料フラッシュゲーム
無料ゲーム探索隊
アクションゲームの庵
無料ブラウザゲーム集
無料ゲームのSimple Flash Games
棒人間ゲーム
無料ブラウザゲームnet
フラッシュゲームな日々・・・
フラゲーム
面白オンゲ通信!
ベリーズゲーム
無料防衛ゲームプレイ
はっぴぺ通信2
イジワル海賊団【無料ゲーム本部】
おもしろ フラッシュゲーム ミュージアム
脱出ゲームセンター
無料パチスロゲーム
MMORANK.JP
FPSRANK.JP
無料フラッシュゲーム
ファミコンのネタ!!
おもしろいゲーム 無料ゲームで遊ぼうよ!
オモロ無料ゲーム
だしゅつ! 無料脱出ゲーム
おもしろゲームフラッシュ集-脱出ゲーム集
フリーソフトの樹
ゲーム動画ブログ
その他リンク集

脱出ゲーム大百科 





逆アクセスランキング