コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


日本と海外の「ホラー」概念


      [ 2009/06/30] 不思議 その他の不思議 編集

PS用ゲームソフト「バイオハザード」が発売されて、はや11年。
日本のホラーゲーム文明開化は、バイオで始まったと言っていいでしょう。
人間が心の奥底に持つ「恐怖」への本能。
それを見事に刺激したこの作品はPS3で「バイオハザード5」が発売されたように、
今なお根強い人気を誇っています。

バイオハザード5
カプコン
発売日:2009-03-05
おすすめ度:4.0


日本人チームが作ったバイオですが、海外でも文句なしの人気。
映画化されたり、海外版の売れ行きが好調なことを見ても、
民族間の感覚を超えた作品であると言えるでしょう。

しかし、日本と海外の「ホラー」の概念を比べてみると
こちらとでは随分と差があると思います。ハリウッド映画を例えに出しますが
日本人は「じわりじわりの恐怖」を好むのに対し
向こうでは「ビックリ系の恐怖」が多いことに気がつきます。

昔から「ジェイソン」「プレデター」「エクソシスト」と
日本のように「得体の知れないものへの恐怖」ではなく
「実体化した恐怖との戦い」を主に描いてきたハリウッドとでは
最初から恐怖の対象が違うわけで、それは「Jホラーリメイク作品」にも現れています。

有名な「リング」ですが、海外版は「貞子」の変わりに「サマラ」という
幽霊が登場します。封切りされてすぐに映画館へ見に行ったのですが
このサマラが貞子とは違い、TVから出てくると
貞子のように「ズル・・ズル・・」と近寄るのではなく
ドラゴンボールのように「ピシュン!」と、瞬間移動で近づくのです。
ゆっくりと近寄る恐怖に対し、いきなり目の前にくる恐怖を描いているところは
「日本人とは、感覚がずいぶんと違うものだなあ」と感じました。

ザ・リング [DVD]
アスミック
鈴木光司(原著)アーレン・クルーガー(脚本)
発売日:2003-05-02
発送時期:在庫あり。
ランキング:41008
おすすめ度:3.5
おすすめ度3 鈴木光司の懐が賑わうと思うと腹が立つ
おすすめ度4 なかなか!
おすすめ度4 思ったより良かった
おすすめ度3 日本の『リング』のハリウッドリメイク版
おすすめ度4 面白かったです!


向こうでは「グロ系=ホラー」と解釈されているようです。
これも文化の違いと言うべきなんでしょうか。
エイリアンなどに代表されるように「異形の生物」がホラーの対象で
「1ま~い・・2ま~い・・皿が足りな~い・・」ではないわけです。

欧米では「サイレントヒル」が人気なのがその証です。
サイレントヒルは、日本でも爆発的に売れました。

私も「ザ・ルーム」を購入してプレイしてみましたが、
「日本の恐怖+海外の恐怖」の作品でした。
バイオのようにじっくり来る恐怖もあれば、異形の生物も登場。
あれは両方のファンに受け入れられた結果でしょう。

ゲーム性の問題もあるのでしょうが、
「すべての人間が恐怖と感じるポイント」を抑えている作品は
国・民族を問わず、受け入れられるということが言えると思います。
また、ホラー映画の感性が近い国といえば、やはり「韓流ホラー」でしょう。
「箪笥」「ザ・アイ」「友引忌 -ともびき-」など、日本人が見ても
十分に恐怖を感じることができる作品だと思います。
ホラーに見る恐怖感性は、国によって意外と違っているものです。





ゲームレビューと画像使用許可の問題


      [ 2009/06/29] ゲームその他 考察・雑記 編集

現行の著作権法では、ゲーム画像をホームページやブログに載せる行為は認められません。
これは動画であっても同様で、ゲームのパッケージ画像を載せてレビューを書くならば、
Amazonなどの商用サイトを利用するしかないのが現状です。

この背景には、「インターネット上で、無許可で画像を使用する輩があまりにも多い」
という現状が挙げられると思います。

勝手に使用して、あらぬことを書きたてられるくらいなら、最初から全部使用禁止にしてしまおう。
こういった考えが生まれるのも当然だと思いますが、一部の心ないユーザーのせいで、
真面目にやっているユーザーまでもがその割を食うというのは、どうしても納得ができません。

特にゲームレビューは、その内容を紹介するためには文章だけで説明をするというのは、
かなり困難な作業になります。

専門誌のように資本もなく、コネクションもない一般ユーザーにとってはここが高い壁。
せめて、発売後○年経ったゲームに関しては、画像使用許可を出すなど
柔軟な対応を求めたいというのが私の意見です。

ただ、昔のゲームになればなるほど、それは難しいと思います。
実際、過去のゲームを紹介するときに作った会社自体がなくなっていたりすると、
それだけで許可申請ができなくなります。

権利関係が複雑化した現在では、名も知られないレトロゲームを画像つきで紹介することは、
ほぼ不可能と言っていいでしょう。

一番良いのは、Amazonの画像を使用することしかないのです。
ただ、パッケージ画像だけで市販の本に勝てるかどうかという問いには
「NO」だと答えるしかありません。

趣味だからこそ、とことんまで深く紹介したいという思いもありますし、
こういった一般ユーザーのレビューを見たいという人も必ずいます。
できればもう少し、ゲーム内画像の使用を柔軟に許可していただけるような
土壌が今後、根付くことを願っております。


関連リンク


ゲームサイトと著作権
スクリーンショットの著作権違反でゲーム速報サイト管理者が逮捕
コンピュータ・ゲームと著作権
ゲームと著作権 -中古ゲームソフト、三国志III、ときメモ事件-
ゲーム事件簿#1
野安の電子遊戯博物館:ゲームの著作権


聖剣か?ロマサガか?スクウェア・エニックス、新ゲームタイトルのカウントダウンサイト公開


      [ 2009/06/27] ゲームその他 情報 編集

NEW GAME
http://www.square-enix.co.jp/0706/


スクウェア・エニックスが公式サイト上に
謎のカウントダウンサイトを公開しています。

今回は時間の経過と共に背景が描かれていくものになっており、
どこか懐かしいようなサウンドが流れています。

しかも音量を最大にして聞いていると、かすかに聞こえるのは
ゲームボーイ風のサウンド・・!?ということはまさか「ロマサガ4」、
もしくは「サガ4」が発売される・・と予想していいのでしょうか!?

カウントダウン終了は7月6日。
この日に、何らかの続編発表があると見て良さそうです。
個人的には、ロマサガかサガの続編であってくれ!



『「いい人だけどグズ」を直したい人が読む本』 紹介


      [ 2009/06/27] 本・音楽 書籍 編集

大人になると、「自分で自分をほめる」ことはなかなかできないものです。
私も、どちらかといえばマイナス思考で
「こう返されたらどうしよう」とか「こう言ってこう来て・・で、ああ返して・・」とか
行動をする前にあれこれ考えてしまって、結局後悔することが多かったのです。

しかし、斎藤茂太さんの「いい人だけどグズを直したい人が読む本」を読んで
目からうろこが落ちました。

「いい人だけどグズ」を直したい人が読む本 (マガジンハウス文庫)
マガジンハウス
発売日:2009-04-16
発送時期:在庫あり。
ランキング:155382

この本の中に、「自分で自分をほめることで、元気と余裕が生まれてくる」
という項目があります。斎藤氏は

『つらいときや悩んでいるとき、それが他人にいえないときはとくに、
「自分で自分をほめる」ことで気持ちを盛り上げていくというのは、馬鹿馬鹿しいどころか、
とても健全で意味のあることである」』

P48、10行目~P49、2行目まで引用

と書いておられます。

確かに、辛いとき、悩んでいるときは他人に言えないものです。
実践してみると、これが心にとって、非常に有益なことであると思いました。
精神衛生上、この方法は私を素晴らしく元気づけてくれました。
例えば、私が自分を褒めたときの言葉として、

「毎日、ちょっとしたことで空気を読む俺ってすごいじゃん」
「こんなに長く友達が付きあってくれるなんて、俺ってけっこうすごいかも」

という感じに。

これを人前で話すと、ただのナルシストと思われてしまいますが、
自分の心の中で思うだけならタダです。どんどんやりましょう。
この文章以外にも、全体的に“心の余裕”を持たせてくれる言葉が
随所に散りばめられています。本当に読んで良かったなと思えました。

みなさんも、試しに自分を褒めてみてください。心が沈んでいるときほど効きます。
大人になると、自分で自分を褒めるなんて格好悪いと思っている方も
いらっしゃるかもしれません。しかし、自分を信じてあげられるのは自分だけです。
当たり前のようですが、私は長い間、これができませんでした。

「そんなこと、カッコ悪くてできるか」
「いい大人がやることじゃない」

そんなふうに思っていたのです。
この本を読んでから、気持ちの持ちようが変わりました。
カッコ悪くてもいいじゃないですか。
自分を好きな人は他人からも好かれるというのは、あながち間違っていません。
たまには自分を褒めてもいいじゃないですか。減るもんじゃありません。


ブログの独自性を模索するためにこの本を!


      [ 2009/06/26] PC・ネット・ブログ ブログ 編集

自分なりの独自性と個性を探すために
今一度、以前購入したブログ関係の本を読んでみました。
この本は、最新ブログランキングがかなりよくまとまっていて、
時を経た現在でも読みこめる良本です。

最新ブログ人気ランキング200
学習研究社
発売日:2005-09-16
ランキング:482457
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 サイト選びが良いです
おすすめ度5 かなり良くまとまっています


やはり、人気のあるブロガーさんは
それなりに工夫をされています。
例えば眞鍋かをりさん。

眞鍋かをりのココだけの話 powered by ココログ
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/


言わずと知れた、元祖「ブログの女王」です。
「読まれるブログにするための10ヶ条」として
次のような点を挙げられていました。


ブログの独自性を模索するためにこの本を!の続きを読む


ニコニコ大百科珠玉の記事 「名人様」


      [ 2009/06/26] PC・ネット・ブログ ネット 編集

名人様とは (メイジンサマとは) - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%90%8D%E4%BA%BA%E6%A7%98


玉石混交の大百科において珠玉の記事だと思う「名人様」の記事。
それはニコニコ動画内で多く見られる「名人様」のことをまとめた記事です。
みなさん、一度は名人様にお目にかかったことがあると思います。

これはもう現状をそっくりそのまま表していると言っていいでしょう。
我々には到底及ばない全知全能の剛の者。
それが「名人様」と呼ばれる人々です。

詳しくは元記事を参照していただきたいのですが、
ここまで皮肉たっぷりに書かれているのが逆に面白いです。
もちろん、「真の名人」はたくさん存在します。



ネタ帳の意義


      [ 2009/06/25] PC・ネット・ブログ ブログ 編集

「今日はブログでどんな記事を書こうか」
こうお考えのブロガーさんは多いと思います。

私はよく、寝ているときに「ネタ」と呼ばれるものを思いつきます。
「ネタ」と呼ぶには少々言葉が過ぎますが、ちょっとした言い回しや
記事の種になりそうなことを、床に入ってから思いつきます。
そういうかた、多いのではないでしょうか。
それこそが「無意識の中から噴出したアイディア」かもしれません。

「夢日記」をつける人がいます。自分の布団の横にノートを置いておき
朝になり、夢の内容を覚えていたらそれに書くというもの。
書いたときは覚えていても、時間が経つと、水が手からこぼれていくように
忘れてしまう。それが夢であり、就寝中の記憶です。
それをとどめておくと、起床したとき、素晴らしい「種」が
ノートの中に埋めつくされていることでしょう。

私はブログで記事を書くときは、パソコンについている
「メモ帳」で草稿しています。また、文章の添削・リンクの編集などは行いますが
構成や内容については、思いついたことをそのまま書きつづっています。
そのほうが自分には合っているみたいです。というのも、「リズム」があるんです。
黙々とキータッチをしていると、自然と文章構成が
頭のなかに思いうかぶよりも早く、画面に映しだされることがあります。
フタを開けるまでわからない文章に賭けてみるのも一興ではありませんか。

パソコンのメモ帳にブログの草稿を書いているうちに
いつの間にか、フォルダのなかに草稿がたくさんありました。
これこそが自分だけの過去ログであり、今まで書いてきた
文章の結晶だと思っています。あくまでも自己満足ですが。
これを見返してみるのも楽しいですよ。




もしもパソコンがなかったら


      [ 2009/06/24] PC・ネット・ブログ PC 編集

非常に健康的な生活をしていると思います(笑)。
思えば、我が家に初めて来たパソコンは富士通でした。
機種はFMVデスクトップだったと思います。確か2000年くらい。

当時はパソコンがようやく一般に普及した頃で、
各家庭に一台あればいいほうでした。
当時、私は「パソコン」を見るのが初めてだったので、」
新鮮な気持ちでそれをいじくっていました。

最初にやったのは「ゲーム」。
「ゲームかよ!」と突っこまないでください(笑)。本当に新鮮でした。
ゲーム内容は単純なもので、スクエア上を騎士とか戦士とかの駒を動かして
敵陣まで進み、大将を倒す。そんな感じだったと思います。
ファミコンやスーファミをプレイしてきたのに
そんな単純な内容で喜んでいた自分が今では可愛いのですが
「最先端のパソコンでゲームをする」ことに意義があったと思っています。

パソコンでCD-ROMのゲームをプレイしたときも新鮮でした。
PCエンジンDUO-Rで、CD-ROMのゲームは経験済みでしたが
それまでとは比べ物にならないほどのアニメーションや
細かいゲーム性に「パソコンのゲームって凄いんだなあ」と
感じたことを覚えています。

フリーゲームというのも、当時はあまりなかったのでしょうか。
いや、私が知らなかっただけかもしれません。やはりブロードバンドへ移行したことが
大きな要因ではないでしょうか。ソフトをダウンロードするさいにも
大きな負担が回線にかかり、接続速度も満足に出なかった頃と比べれば
今は本当にいい時代になりました。「マニアだけが持っていたパソコン」が
一般へ普及したここ数年はまさに革命的といえます。
元はアメリカ軍の冷戦時代の技術だったのに。

そう、インターネットの起源は1969年の冷戦時なんですよね。
そこからようやく民間への門戸が開かれたのが1995年ですから
「ネット時代の幕開け ~ 一般普及 ~ 進化」までの過程を
わずか10年ほどで成しとげてきたIT界の功績は
目を見張るものがあると思います。

この先、ネットはどう進化していくのでしょうか。
もう過渡期に入ってきている感もありますし
あとはハードディスクの容量増加や本体の値下げ
回線速度の増加ぐらいしか進化の道はないように思えます。
正直、これ以上進化されてもついていけません(笑)。

インターネットが一般へ普及して12年。ここらでもう一度、インターネットについて
学び返してみるのも面白いかもしれません。いきなり今のようになったわけではなく
それこそ、血のにじむような努力と欲求がそうさせてきたことを、
我々は忘れてはならないと思います。
「すべては原点にあり」この言葉を噛みしめようと思います。

インターネット

パソコン通信

インターネット用語一覧

日本最初のホームページ

電子図書館

インターネット依存症

国のインターネット普及率リスト

インターネットの歴史

インターネットの歴史と仕組み

基礎知識 - インターネットの歴史





GBA『サモンナイト クラフトソード物語~はじまりの石~』 レビュー


      [ 2009/06/23] ゲームレビュー RPG 編集

GBAソフト『サモンナイト クラフトソード物語~はじまりの石~』のレビューです。

今作は前作にも増して、システム面の見直しや、テンポアップがはかられています。釣りや戦闘時のテンポも、鍛冶もやりこみ度も増しています。

シリーズ集大成のこのゲームを、ぜひ遊んで見てください!
GBA『サモンナイト クラフトソード物語~はじまりの石~』 レビューの続きを読む


あなたは砲撃型ブロガーか狙撃型ブロガーか


      [ 2009/06/22] PC・ネット・ブログ ブログ 編集

シナトラ千代子 - あなたは砲撃型ブロガーか狙撃型ブロガーか
http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20070906/p1


「ブロガーには二種類いるかもしれない」
シナトラ千代子様による言及。

砲撃型ブロガー
人がたくさんいるところにエントリを撃ち込む
ブロガーのこと。話題がある場所に撃ち込めば
盛りあがります。

狙撃型ブロガー
ひとりのブロガーを狙い撃ちするブロガー。
これはいただけません。
個人攻撃をすれば、それが自己破滅への布石となります。


話題性を持たせる記事は、それだけで多くの意見を集めます。
ここはやはり砲撃型のほうがいいということでしょう。

ただ、ネット社会的に「おいしい」感じになればいいですが、
いらぬ反感を買ってしまう危険性もはらんでいます。
とは言っても、そんなケースは稀なので
普通にブログを書いていれば、反感を買う可能性は低いです。
しかし、人によって言葉の受けとりかたが違うのは当たり前ですし
どんなに気をつけて文章を書いていても
不快な思いをさせてしまう可能性があります。

さて、言及はここまでにし、ちょっとしたおまけとして
記事執筆時の文章スタイルへと
話を広げたいと思います。

記事を書くにあたって、文章の口語体・文語体のスタイルは
はっきりさせたいところですね。
喋り言葉でいくのか、作文や論文スタイルでいくのかを
始める時にはっきりさせておいたほうがいいでしょう。
あとは「ですます調」を使うのか、「~である調」にするのかも。

私は昔は前者でしたが、今は後者です。完全に「記事」として
ブログスタイルを確立していくなら「~である調」がよいと思います。

「~である。」
「~だろう。」
「~だと思うのだが」


という表現。文章表現をあらかじめ決定することで
訪問者の混乱を防ぐことができます。実体験からの反省も込めて。
普段「ですます調」を使っていて、翌日「である調」になり
さらに次の日「ですます調」に戻っていたら
見る側としては、混乱する原因になります。
言語表現は統一されるのがよいでしょう。





タグcloud
リンク