コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


ワールドプロレスリングが「あらすじ」を放送するようになった件


      [ 2016/06/28] プロレス 新日本 編集

これってすごい大事なことなのに、言われてみれば「そういえばこれまでそういうのやってなかったよな」って思いました。

テレビ朝日『ワールドプロレスリング』を今度見てみてください。「これまでのワールドプロレスリングは」という「あらすじ」が入るようになったんです。

あらすじが冒頭に入ったことで、偶然プロレスを見た人にもわかりやすく現在の状況を説明しているんです。どうしてこれ、前から入れなかったんだろう…。

いや、すっごくわかりやすくなったと思いますよこれ。たまたま見た人も「そうか、いま、新日本プロレスの流れはこういうふうになってるのか」ってすぐわかる構成になっていると思います。

ワールドプロレスリングは現在、土曜深夜の30分番組ですが、時間が短いのに構成がホント考えられていて、よくここまで詰めこんでくれているなあって感じます。これが1時間…!昔みたいに1時間番組になれば…!!木谷オーナー、お願いしますよ!

思えば、僕が見ていたころのワープロって普通に1時間番組だったんですよ。それこそ闘魂三銃士時代なんか毎週のようにNWO旋風が吹き荒れていて、1時間もあるから試合も長めに流れていましたし、主な試合以外にも若手の試合とか、気になる試合、次のシリーズにつながるシーンなどもかなり流されていました。

現代はあの時代に匹敵する人気がまた復活してきているのに、30分番組なんですよ。いや、このエンターテイメント飽和状態の現代において、プロレス番組に割く時間が30分もあるというのがスゴイことなのかもしれませんが、BSのワールドプロレスリングリターンズだけじゃなくて、地上波の『ワールドプロレスリング』がメインコンテンツとしてやっぱり1時間に戻らなければいけない。僕はそう思います。

ワープロが1時間に戻り、そして土曜日の午後11時ぐらいからの放送になれば本当の意味でプロレス復活!と言えるかもしれません。

関連リンク


ワールドプロレスリング
BS朝日 - ワールドプロレスリング・リターンズ


【iTunes】イコライザセッティングで音割れに対処する方法


      [ 2016/06/25] 本・音楽 音楽 編集

iTunesのイコライザセッティングで僕はこれまで

PERFECT
Eargasm Explosion


の2つをご紹介してきました。

この2つのセッティングはiTunesで音楽を聴くときに最適なセッティングと言われています。しかし、しばらく聞いてみると音割れしている曲があったりして、これが耳障りになることがありました。

これを解決するためには


一番左のつまみを2つほど下げてください。

itunes.jpg


これで音割れすることはなくなりますので、参考までにどうぞ。


【PSP】『英雄伝説 空の軌跡SC』クリア感想


      [ 2016/06/22] ゲームレビュー RPG 編集



プレイ時間約70時間、PSP用ロールプレイングゲーム、『空の軌跡SC』をクリアしました。

UMDディスク2枚組でかつてないボリュームで展開されたこのゲーム。『FC』から続く遊撃士エステルとヨシュアの物語は最強の敵を迎え、かなりギリギリのバトルのくり返しになり、なんとか、本当になんとかギリギリ倒せたというレベルでした…。

敵のレベルもかなり拮抗しており、「もうここまでレベル上げたんだから大丈夫だろう」と思っていたら全然そんなことはありませんでした。


以下ネタバレを含みますので、未クリアの方はここでお帰りください。









【PSP】『英雄伝説 空の軌跡SC』クリア感想の続きを読む


口臭がほぼ消えた!画期的な歯みがき法「つまようじ法」がスゴイ!


      [ 2016/06/19] 生活 健康 編集

僕は歯の治療をけっこうな頻度でするほど、歯には悩まされてきました。それとともに、ブリッジをかけている歯の間の口臭などもかなり気になるようになっていきました。

歯の治療をしたら歯は治りますが、その後の口臭問題なども気になってくるものです。

しかし、このたび僕は画期的な歯みがき法をネットで見て、それを実践したらなんと口臭がほぼなくなりました!

その方法とは


つまようじ法


という歯みがき方法なんです!
口臭がほぼ消えた!画期的な歯みがき法「つまようじ法」がスゴイ!の続きを読む


『HUNTER×HUNTER』 33巻 感想


      [ 2016/06/11] 本・音楽 書籍 編集

2012年に32巻が発売されてから約3年半。ようやくHUNTERXHUNTERの33巻が発売となりました。やった!




前回のラストから見て、「そろそろストーリーは終盤に向かっていくのかな」と思ったんですが、なんとなんと新しい「暗黒大陸編」がマジでスタートする模様。これには驚きました。

僕はコミックスで後追いする派なので、ジャンプ連載時の作画はわかりませんが、ネットを見ていると、どうやら連載時に比べて大幅に加筆・修正されていたようですね。




※ネタバレがあるので、まだ見たくない方はここで読むのをお止めください。
『HUNTER×HUNTER』 33巻 感想の続きを読む


【新日本プロレス】BOSJを優勝したウィル・オスプレイは底が知れない!


      [ 2016/06/08] プロレス 新日本 編集

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの決勝戦は、田口隆祐vsウィル・オスプレイの戦いとなり、オスプレイの優勝で幕を閉じました。

この選手、23歳でここまでの動きをして、一気にスターダムへと上り詰めました。田口だって負けてはいませんでした。これまでの田口隆祐の歴史をすべて出してきて、オーマイアンドガーアンクル、ギタり、オヤァイ、ヒップアタック、デヴィットばりのノータッチトペ・コンヒーロー。

中邑真輔と同期だった田口は、中邑の思いを背負い、彼がWWEに行ったあとも「支店」として中邑が得意としていた「滾(たぎ)る」パフォーマンスを逆にした「ギタる」、中邑の決め台詞「イヤァオ」の逆、「オヤァイ」を使用し続けてました。そこには決してただのパクリではない思いがあったと、あの試合を見たすべての人がそう思ったことでしょう。

さらにアポロ55としてプリンス・デヴィット(現フィン・ベイラー:WWE)との友情物語もしっかり出してきました。トペに行く前、デヴィットのように背中の羽を広げるムーヴをしてから飛んだ田口。輝いていました。

そしておちゃらけスタイルになってからも大切にしてきたヒップアタック。どどん、田口の技という技、すべてを出し尽くして田口はリング上で仰向けになり、3カウントを聞きました。

しかしこのウィル・オスプレイという選手、とんでもないですね。何がとんでもないかというと…
【新日本プロレス】BOSJを優勝したウィル・オスプレイは底が知れない!の続きを読む


【RPG】日本ファルコム『軌跡シリーズ』はなぜ人気があるのかを自分なりに考えてみた


      [ 2016/06/04] ゲームレビュー RPG 編集


日本ファルコムが発売している王道RPGシリーズ英雄伝説『軌跡シリーズ』

空の軌跡FC → 空の軌跡SC → 空の軌跡3rd → 零の軌跡 → 碧の軌跡 → 閃の軌跡(vita)  → 閃の軌跡Ⅱ(vita)


の順番に話が展開しており、すべてが壮大なストーリーとして繋がりを持っているのが大きな特徴です。

このゲーム、いったい何がそんなに人気なのかをあらためて考えてみることにしました。
【RPG】日本ファルコム『軌跡シリーズ』はなぜ人気があるのかを自分なりに考えてみたの続きを読む




タグcloud
リンク