コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


アクセスカウンターを外した3つの理由


      [ 2011/06/27] PC・ネット・ブログ ブログ 編集

まず、私個人の意見として「アクセスカウンターは外すべき」だと思っています。
当ブログでは、カウンターを2011年1月9日から消しています。
一番の理由は「ページ表示速度が異常に重くなる」ことでしたが、
消してしばらく経つと、それ以外にも理由があったんだなあと気づかされたので
ここに書き記したいと思います。



1、管理人や訪問者が“数字”に目が行かなくなる
カウンターを消してずいぶん経ちますが、思い返すと
私が一番最初にページを開いたとき、必ずカウンターに目が行っていました。
それを消すことで、管理人や訪問者がカウンターに目が行きません。
つまり記事の内容をきちんと見てくれるようになります(経験上)。

また、これは私自身への“自制”も含まれています。
カウンターの数字に目が行くようではいけないと思ったのです。


2、カウンターによるモチベーション向上法は諸刃の剣
よく「数字が増えていくことがブログを書くモチベーションになる」という
意見を目にします。しかし本当にそうなのでしょうか?

巨大なアクセスをほこるブログ・サイトならまだしも、
パッとページを開いてカウンターが「50」だったらどうしますか?
よほど役に立つ情報がないかぎり、私はそっとページを閉じます。
アクセスが多くないと、訪問者は「そのページに価値がない」と
判断してしまう傾向が強くなるのです。



3、アクセス数は“裏”で見るべき
私は一時期、毎日カウンターをながめ、「今日は何人来てくれてるかな?」という
自己満足に浸っていました。自己満足は読者不在の状況を作り出します。
私はみごとに“それ”に陥っていた時期がありました。

アクセス数のためだけに記事を書くのは本末転倒で、

本当にその記事を自分が書きたいのか?
本当にそれを皆に知ってもらいたいのか?

ということを自問自答する日々が続き、ひとつの結論へたどり着いたのです。

数字が増えていくのは確かに嬉しいです。
しかし、私はそれを「表」に晒すべきではないと思います。
アクセス解析を入れて、自分だけで数字の変動を楽しめばいい。
他人から見たら「このブログはアクセスがあるのかあ」ということ以外、
興味を持たれないと思います。

ただ、ブログ情報が何もないのも寂しいので、カウンターの代用として
当ブログではTopHatenarグーグルページランクフィードメーターなどの
ブログパーツを新たに設置。これらは重くないので最適でした。


最後に、アクセスカウンターをつけるかどうかは自由です。
実際モチベーションが上がるというのも否定はしません。
しかし、あまりにも数字にとらわれすぎると肝心のコンテンツがおろそかになり、
本当に自分が書きたいことが書けなくなってしまいます。

訪問者に不要な情報は極力載せない。
管理人に必要な情報は裏で見る。

数字のために書くのではなく、書いた結果に数字がついてくると“信じる”こと。
それがいいブログを作り上げるひとつの方法だと思います。

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ




タグcloud
リンク