コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


ザ・ロックがWWE電撃復帰!!


      [ 2011/02/16] プロレス WWE 編集

最初、「ウソだろ!?」と思っちゃいましたが、なんとなんと!
2月14日のRAWにて

ザ・ロックがWWEに電撃復帰を果たしました!!

もう、歓声に次ぐ歓声!ロッキーコールで会場は大爆発!さらにロック様曰く

「長い間、留守にしちまったな。俺がここに戻ってきたのは、金のためでも映画の宣伝のためでもない。理由は貴様らファンのためだ。」

「俺はリングに戻ってきた。もう、どこにも行かない。簡単なことだ。ロック様、完全復活ってことだ!」

と、シビれるマイクパフォーマンスで観客を圧倒!!
ってことは、WWE完全復帰ととらえていいんですね!だって

「俺様がレッスルマニアで会いたい男は、俺様が一目置いていた男だ。しかし、そいつはこのロック様を批判するようになった。俺様をコケにしたそいつの名は、ジョン・シナだ。」

と言いましたから!シナがロック批判をしているというのを
ストーリーに組み込んで、まさかレッスルマニアでシングルなんてことは・・!?

一応、2月14日のRAWでは
「レッスルマニア27のホスト」として呼ばれたために登場しました。

しかし、ロックが喋った「もうどこにも行かない」という発言が
今後の展開を匂わせているようで、楽しみで楽しみで仕方がありません!

でも、レッスルマニア27が終わっていなくなったりしたら嫌だなあ・・。
ブッカー、ストンコ、HHH、テイカー等のスパスタが残ってるのに
ここでロックが“試合”で復帰したら最高なんですがね。

何より驚いたのは、一時期は細くなってましたが、
しっかりカラダ作ってきてるんですよ。

YouTube - The Rock Returns On Monday Night RAW 02/14/11 Part 1 of 2

ロック様はレッスルマニアのホストを務めることが決定。
そして、ミズとシナを挑発しました。
これはレッスルマニアのカードがわからなくなってきたぞー!

もしロックが完全復帰したら今までの若手は大変ですが、
時代を背負うには、この人を超えていかなければいけないんです。
そう、アティテュード時代の頂点に君臨したザ・ロックを。

このカリスマ性を誇るロック様が帰ってきたといい、タフイナフのホストに
ストーンコールドが選ばれたりと、WWEでは往年のファンを取りもどす策が
着々と始まっていると思います。

最近WWEを見てなかったファンたちよ、帰ってこい!
これでテイカー、HHH、ジェリコが帰ってきたら、アティテュードが復活だ!

ザ・ロックがWWE電撃復帰で最高のマイクパフォーマンス | STANDiary
ロック様のフェイスブック
ロック様のツイッター





追記:4/14

レッスルマニアでのロックの扱いというか、あれで終わりなら
最初から3WAYにしたほうがよかったんじゃないでしょうか。
時代を越えるのはシナもミズも同じこと。
それならいっそ、ロックも入れて三つ巴にしてメインにしなければ、
あれほどザワザワしなかったように思います。
要するに、試合の順番が問題であったように思われます。

仮にHHH vs テイカー戦をメインに持ってきたとしましょう。
テイカーはタンカで運ばれ、「生き様」を魅せつけた二人の闘いに
観客は魅了され、感動と尊敬の拍手で終わったような気がするんです。

シナやミズ、ロックの絡みは「ライター出てこいや!」ですが(笑)。
普通にミズが防衛して、そこでロックが出てきてあの展開ならまだわかります。
しかし、両リンでロックが来て、

再試合宣言 → 試合再開 → シナにロックボトム → ミズ勝利

この間、わずか36秒ですよ。まさに「RAWでやれ」状態。
オールドファンの私でもこの展開はちょっと。
たしかに「レッスルマニアでシナとミズをシバく」とは言ってましたけど、
最後の最後でこれやられたら、一時期の新日みたいじゃないですか。

スポーツナビ|格闘技|激闘の連続も主役はやっぱりロック様!



スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ




タグcloud
リンク