コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


【新日本プロレス】大阪大会「DOMINION 6.18」、決戦まであと少し!


      [ 2011/06/17] プロレス 新日本 編集

いよいよ目前に迫った大阪大会「DOMINION 6.18」。
見どころは

・棚橋vs後藤のIWGPヘビー王座戦
・デヴィットvs飯伏のIWGPジュニア王座戦
・新日、ノアタッグ王座ダブルタイトルマッチ
・鈴木みのる新日本格参戦か?


対戦カード

といったところでしょう。

「棚橋vs後藤」ですが、これは後藤、もうそろそろ獲らないと
ダメになってしまうと思います。中堅どころで終わるか、それとも
棚橋を倒して新日本の軌道修正を図るか。

後藤は記者会見で棚橋を「お笑いパフォーマンス」「芸人」と斬って捨てました。
プロレス流のいわゆる「アングルのためのトーク」だとしても、これには少なからず
後藤の本心が見え隠れしているような気がします。

ヘビー級に転向してからというもの、後藤はセミファイナルだと良いんですが、
メインイベンターとなると、個人的には「?」。NJCやG1は獲っているのに
メインの匂いがしてこないのは、オーラがそこまで発せられていないと思うんです。

しかし!後藤は決して「名勝負製造機」で終わったらダメです。
一貫して「ストロングスタイル」を貫いてきた後藤。そして今の新日本を
「軌道修正する」とまで言い切りました。その覚悟が18日にどう出るか。
私は、後藤をただの挑戦者としては見たくありません。
新日本のトップとして団体を牽引して行ける選手かどうかを見たいんです。

「昇龍結界」、「回天」、「昇天」、「昇天・改」、「裏昇天」。
いい技がいっぱいあるのに、どうにもバタバタする印象があったんですが、
ここに来て「ワガママ」な部分が出てきたのは評価したいと思います。
過去に田中将斗から「甘えている」と指摘された後藤ですが、今の後藤なら
軌道修正できるだけのパワーはあると思っています。頑張れ、後藤!



次に、デヴィと飯伏のIWGPジュニア王座戦。
これ、飯伏が獲りそうな気がするんですよねー。
去年の小島の流れと同じなので。「外敵優勝 → そのままベルト奪取」という。
もし飯伏が獲ったら凄いことになりますよ。

昔、ウルティモやサスケがIWGPを獲ったことはありましたが、
新世代の息吹、新世紀のプロレスを魅せてくれるのが飯伏だと思ってます。
もちろんデヴィットにも誇りをかけて守ってほしいという気持ちはありますが、
正直、ここはBOSJの流れから見ても飯伏応援ですね。



新日とノアのダブルタッグ王座戦。
・・・これ、どっちが獲ってもマイナスになりそうな気がするんですが・・
だってどちらが獲っても、その団体に行かなきゃいけないわけで、
今、この時期にダブル王座戦をやる意味があるのかという疑問があります。

交流戦といえば聞こえは良いですが、相手が高山と佐野さん。
ただ、巨漢対決として「高山vsバーナード」は見たいと思います。



鈴木みのる本格参戦の兆しとなる試金石の試合。
全日本での活動を終え、どうも今後は新日本を主戦場にするかもしれないと
言われている鈴木みのる。来たら面白いですよねえ。
今回のカードにしても、小島なんか全日本での因縁も吹っかけそうですし、
真壁との戦いも面白いです。

どの選手と当たっても面白いですよ。棚橋となんか水と油じゃないですか?
中邑とのストロングスタイル論争なんてのも面白そうですし、
ライガーとの再戦とか、もちろん宿敵・永田裕志との一戦は切り札カード。
このまま参戦するということになれば、夏にはG1もありますし、
ますます楽しみなカードが出揃うことになります。棚橋vs鈴木は見たい・・!


注目の大阪大会は大阪府立体育会館にて
18:00ゴング!

棚橋「俺の姿勢は圧倒的に正しい!」後藤「新日本を軌道修正する!」/IWGPヘビー調印式で王者と挑戦者が早くも火花!(公式)

「IWGPはボクの誇り!」王者・デヴィットは、飯伏の勢いを止められるか? 6.18大阪大会調印式!!



以下スポナビリンク

飯伏「今度こそ」、憧れのIWGPジュニアへ待ったなし
デヴィットがV8防衛宣言「誇り守る」
棚橋、V5公約で後藤にエアドラム指令



4者による囲み会見の模様はこちら! ↓




スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。







タグcloud
リンク