コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


「ドラゴンボールのその後」を描いている同人サイト紹介


      [ 2009/11/28] アニメ ドラゴンボール 編集

海外で続きの「設定」だけが一人歩きしていた
「ドラゴンボールAF」を、toible様が漫画化してくださった
大変素晴らしいサイトである。

ドラゴンボールAF

舞台は、超サイヤ人となった悟空が
フリーザを倒してから数十年後の地球。
“悟空の息子”と名乗る「ザイコー」が地球侵略のためにやって来る。
このストーリーの面白いところは、GTの設定もきちんと踏襲しているところ。
悟飯が超サイヤ人4になったり、映画で登場したタピオンも出てくる。
続きが気になるところだ。

続いて、こちらも有名なサイト。
「ドラゴンボール マルチバース」である。

[DB Multiverse]

“違う宇宙”から来たというナメック星人。
彼らはバーガ星人の技術力で作られたという宇宙船で、神の神殿までやって来る。
簡単に言えば、

「パラレルワールドのDB住人たちで武道大会をやってみました」という漫画である。
しかし、設定や話の練り込み具合は素晴らしく秀逸であり、
ドラゴンボールのその後の話というよりは、オールスター武道大会のようである。
住人たちは「違う宇宙」から来た者達なので、歩んでいる道が違う者同士が
顔を合わせるのが一番の見どころ。

「もし、悟空が地球でサイヤ人としての使命を忘れずにいたらどうなっていたのか?」
という問いにも、この漫画は答えてくれている。
さらには、ブロリーやボージャックといった映画のキャラクターも総登場。
作者も仕事の合間に更新を進めているが、現時点で170ページという
超大作漫画に仕上がっている。
読みごたえも抜群ながら、cokkieを使用し、どこまで読んだのかが
すぐにわかるシステムをサイト内に組み込んであるのも好ポイントだ。


ドラゴンボールが終了して14年。
その物語は今でもネット上で育まれており、
人気に陰りが見えることはない。


スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ




タグcloud
リンク