コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


【GBA】『ファイアーエムブレム 烈火の剣』 レビュー


      [ 2012/12/01] ゲームレビュー RPG 編集

ファイアーエムブレム 烈火の剣ファイアーエムブレム 烈火の剣
(2003/04/25)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る



あっという間にやってしまいました。それにしても重厚なストーリーでした・・さすがロイの父親!

まさか前作の20年前の話だとは思わなかったです。
封印の剣の話と人と竜の物語はリンクしているので、「え!あのキャラがこの人の息子・娘だったのか!?」という発見もあり、前世代から新世代への変遷を見ることができ、楽しいです。

舞台は前作「封印の剣」の20年前。ロイの父エリウッドと、リリーナの父ヘクトル、
それにてサカの民の少女であるリンディスがメインキャラクターです。

烈火の剣は前作に比べ、システム部分でかなりの改良がありました。

・全体的な難易度は低め。章は多いが、前作に比べると
 若干優しい設定になっている。もちろんクリア後のハードモードは健在。

・最初はリンの物語だが、チュートリアル扱いになっており、
 10話遊ぶことができる。ここで基本的なことを学ぶ。

・また、このチュートリアル編ではユニットのHPが0になっても
 死亡とはならず、戦闘離脱扱いとなる。
 その後の本編ではきちんと復活している。

・ステージ開始前に「攻略占い」「相性占い」が追加。
 どのキャラクターを連れて行ったらいいのかがすぐにわかる。
 また、相性度も見てもらえるため、支援会話が出しやすい。

・輸送隊が出撃メンバーに入らなくなり、別枠で出場可能になった。
 しかし、固定位置にテントを張って待機するタイプになったので、
 誰かがガードについていないとやられてしまう。

・クリア後、例によってハードモードがある。また、最初はエリウッド編のみだが、
 クリアするとヘクトル編、リン編が選べる。(リン・エリウッド編はハードモード追加のみ。)
 リン編のハードはチュートリアルがなくなっただけで、難易度に差はない。
 今作のハードモードはただ敵が強くなったり増えただけでなく、
 敵の初期配置や増援が全く異なっているステージもあり、
 ノーマルで通じた戦術がハードでは通用しないことも多い。
 さらに、出撃人数が少なくなったり獲得経験値が少なくなったりと
 味方を育てにくくなっているため、前作よりもクリアが困難である。


・クリア後のオプションでは、一度見た会話をいつでも見直せるように
 「支援会話一覧」が加えられた。また、リン編ではチュートリアル扱いのためか
 一切支援が発生しない。


例によってハードモードはまだやっていません。が、遊んだ感想では、前作に比べて「ノーマルモード」で遊ぶのが、最も烈火を遊べるのではないかなと思います。バランスが非常に良く、優れていました。

個人的にはチュートリアルがあるのが良かったですね。10話遊べばさすがに覚えます。こう言ってはなんですが、前作よりもキャラクターに感情移入ができました。

リンやヘクトル、エリウッドなど、主要キャラのみならず、ユニットごとの会話やストーリーが
よくできているので、「死なせたくない!」という気持ちが非常に強かったです。
それだけに終章で何人かのキャラが死んだときは、物語の中に入ったみたいに悲しくなりました。
本当に全員生還で終わらせたかったんですが・・。


今作もやはり「手ごわいシミュレーション」でした。
最後に一言。今回、好きなキャラを羅列しようと思ったんですが
終章でトドメを刺したこの男のみにしたいと思います。


レイヴァン最強説


ファイアーエムブレム 烈火の剣 - Wikipedia
ファイアーエムブレム 烈火の剣(攻略サイト)





※この記事は2009年4月に書かれたものを加筆・修正したものです。

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。







タグcloud
リンク