コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


ジョジョリオン3巻購入ッ!感想ォー!


      [ 2012/09/26] 本・音楽 書籍 編集

ついに発売!「ジョジョリオン」の3巻を今日購入して読みました!

定助と大弥の戦いの行方、そして新たに登場した謎、それは東方家にまつわる「家系」と「血統」の問題でした。

そこで明かされた、驚くべき真実!定助は自分の記憶を取り戻すことができるのでしょうか?

ジョジョリオン2巻の感想を書いてから、約半年ぶりに発売された3巻。いやー、半年に1巻のペースは長すぎるよォォォ~!と言いたいんですが、3巻も面白かったので、早く4巻が読みたいです!

さてさて、3巻は物語の核心がちょっとだけ顔を覗かせます。それは上でも書きましたが、東方家の家系と血統の問題。ここからはネタバレになりますので、まだ読んでいない方は、ここでお帰りください。




ここからネタバレありの感想



定助と大弥の戦い

定助と大弥の戦いは意外に早く終わりましたねえ。康穂へコールしたあと、冷蔵庫に大弥の携帯を隠して、大弥の怒りを誘い、我を忘れさせた状態で冷蔵庫の「光」からできる影で大弥に影を踏ませるという、相変わらずジョジョっぽいトラップ(笑)。で、ここから大弥が再起不能になるかと思いきや、定助が大弥を手なづけるという展開に!

これは面白い展開!大弥は定助のことが好きでしたから、そこを突いて味方にするというのがいいですねえ。ともあれ、定助には東方家で最初の味方ができたわけです。定助、意外にやるな・・大弥ちゃんの「好き」という気持ちを利用するとは(笑)でもそのおかげで、東方家をある程度自由に歩き回れるようになった定助でした。


血統

ここからなんですよねえ、見たとき、ビックリしましたよ。階段とか吉良の手にあったあのマークは「書店のマーク」だとのこと。そして父親の本棚にあった家系図を開く定助。それはあの「スティール・ボール・ラン・レース」の詳細が書かれた本でした。

まあ内容自体はレースについて書かれたものだけっぽかったんですが、問題はここから。本の中に家系図が挟まっていたんです。それを見ると、なんと東方家の先祖(女性)が「ジョナサン・ジョースター」という人と結婚!?そう、ついに「ジョースターの血統」が出てきたのです!6部で途切れたと思っていた、あのジョースター家が再度登場!

しかし、次の瞬間、またまた目を疑う記述が!それは・・?ホリィ・ジョースターと結婚した吉良吉輝のあいだに生まれた子供の名前が

吉良吉影

そう、ジョースター家と吉良がつながるんです!いくらパラレルワールドの8部の出来事とはいえ、スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃!まさかここで吉良とジョースターをつなげてくるとは思いませんでした。この先、話がどうつながるのか、想像もできません。


「ペイズリー・パークとボーン・ディスウェイ」

定助は、「吉良・ホリー・ジョースター」に会うため、康穂と待ち合わせるため外出。携帯でナビを使って進んでいたはずなんですが、そのナビがなんかおかしい・・?変な方向ばかりに誘導しようとするナビ。

そして襲ってきた新たな敵!

たぶんこいつが「ペイズリー・パーク」という敵っぽいです(わからないけど)。話のタイトルが「ペイズリー・パークとボーン・ディスウェイ」だったので、道を指すのが「ディスウェイ」だとすると、新たな敵は「ペイズリー・パーク」でしょう。

さて、この敵、バイクに乗って襲ってきて、定助を追い抜いたら何かが起こる。

「追い抜かれる → 風が吹く → 定助にとって不幸なことが起こる」


こんな感じのスタンドだと思います。定助がスタンドに追い抜かれたら風が吹いて、その風が看板を飛ばしてきたり、定助をガードレールに倒したりと、何やら謎が多い敵です。

そして驚いたのは、バイクに乗っていたのはスタンドそのもの!思い出したのは、第5部の「ベイビィ・フェイス」。バイク乗ってただけでイメージしたんですが(笑)。バイクに乗っていたのがスタンドということは、本体は遠くにいるのか、それともスタンド自体が独立しているのかわかりませんが、4巻目で正体がわかりそうです。



少しずつ物語が進み始めたジョジョリオンですが、もっと単行本を早く見たい!まあウルトラジャンプの連載関係もあるでしょうが、すごく先が気になる漫画なので、贅沢な悩みでしょうが、早く先を見たいですね。

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。







タグcloud
リンク