コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


『iTunes ストア』で曲を買う方法』を今更ながら書いてみた


      [ 2012/12/15] PC・ネット・ブログ ネット 編集

iTunesストアは、ミュージックプレーヤ『iTunes』から訪れることができる、音楽データをダウンロードして買えるお店です。

Apple iTunes Music プリペイドカード 10,000円 [MA165J/A]Apple iTunes Music プリペイドカード 10,000円 [MA165J/A]
()
アップル

商品詳細を見る



なんといってもその魅力は『1曲ごとに買える』ことではないでしょうか。

ちょっと乱暴に言ってしまうと、昔はアルバムを買ったはいいものの、
いわゆる『捨て曲(自分にとって聴かない曲)』がたくさん入っていたときのガッカリ感は
誰もが味わったことがあるのでは?

iTunesストアは、シングルだろうとアルバムだろうと、全部1曲ごとに買えるので、
気に入った曲だけを発売日に買うことができるのです。
いまでは当然となったこの方式。昔、CDショップに通いつめていた時代からは
とても考えられないことです。なんて幸せな時代になったんでしょうか。

このストアのメリットとして、いまではほとんどのレコード会社が
発売日の午前0時から所属アーティストの曲を買えるようにしていることです。
発売日になったら、すぐにiTunesストアへ行き、シングル曲をポチって買う。
いまの私は、こんなふうにして音楽を楽しんでいます。


■iTunesストアで曲を買うには


1、iTunesがパソコンにインストールされている

iTunesストアで曲を買うには、まずiTunesがインストールされていなければなりません。
まだインストールされていない方は、下記URLからどうぞ。

アップル - iTunes - iTunesを今すぐダウンロード



2、Apple IDを作る

ストアで買い物をするには、『Apple ID』を取得する必要があります。
できればクレジットカードの登録が望ましいのですが、無料でも登録できます。
登録方法は以下を参考にしてください。

Apple ID ( iTunes Store アカウント)の取得方法
クレジットカード登録なしでiTunesのアカウント(Apple ID)を取得する方法



3、曲を買う

iTunesストアに行き、気に入ったアーティストで検索したり、ジャンルで検索したりして
好きな曲を探します。買いたい曲があったら『購入』で買います。
購入時にちゃんとダイアログが出てくるので、間違って購入する危険性もありません。
クレジットカードを登録しておけば、『購入』ボタン一発で買えるのでオススメです。


4、思う存分聴く

私がかつてしていた誤解の中に「聴くのに回数制限があるのではないか」という思いこみがありました。
昨今、コピーコントロールとか色々な専門用語があるので、こうしてデータで音楽を買うと
何度か聴いたら聴けなくなるのではないかという不安がありましたが、そんなことはなく、
一度買ったら無限に聴けます。さらにCD-Rへの書きこみも無制限で行えます。


5、ストアで買った曲はどこに保存されてるの?

iTunesストアで買った曲は、

『マイドキュメント』→『マイ ミュージック』→『iTunes』→『iTunes Media』→『Music』


フォルダの中に入っています。


いかがでしょうか?時代はもはや「シングルCDやアルバムCDを買う」というものから
「1曲ごとに買う」時代へと変わっているのです。
数年前から続くこの方式ですが、今更ながら、あらためてiTunesで曲を買う方法を書いてみました。

私はつい最近まで、iTunesで曲を買ったことがありませんでした。
「音楽データを買う」という行為に不安があったためです。
しかし、一回買ってみると、そんな不安はどこへやら。いまでは音楽ライフをポチって楽しんでいます。

もちろん、物体として残したいならCDを買うのが一番でしょう。
データで気軽に楽しみ、iTunesやiPodに入れてカンタンに持ち歩きたいといった場合は
断然、こちらのほうが手間がかかりませんのでオススメします。

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ ネット音楽iTunes




タグcloud
リンク