コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


【新日本プロレス】1.4ドームメインの試合順はファン投票!


      [ 2013/11/12] プロレス 新日本 編集

週刊プロレス増刊 新日本プロレス WRESTLE KINGDOM (レッスルキングダム) 7 2013年 1/26号 [雑誌]週刊プロレス増刊 新日本プロレス WRESTLE KINGDOM (レッスルキングダム) 7 2013年 1/26号 [雑誌]
(2013/01/09)
不明

商品詳細を見る



すごいことになってきました。2013年11月11日、新日本プロレスの東京ドーム大会の概要が発表されましたが、手塚社長が


「今回のメインイベントの順番はファン投票で決めてもらう」という衝撃発表!


インターコンチネンタル王座とIWGPヘビー級選手権試合はダブルメインイベントとして行われますが、その試合順をファン投票で決めてもらうというのです。

オカダと内藤にとっては非常に厳しい局面


オカダと内藤にとっては非常に厳しい局面を迫られた格好になります。
メイン戦のファン投票ということで、多くのファンの考え方が出る形になります。
ダブルメインとは銘打っていても、どちらかが最後になったら「時代の牽引者」がどちらなのか
明確に出てしまうと思うのです。

ベルトの有無は関係なく、選手だけを見る人ならどちらが最後でも良いでしょう。
しかしこれは単なる試合順を決める以上の重さがあります。

新日本プロレスの暗黒時代。まさに棚橋と中邑でこれを支えました。
ときには見限ろうかなと思ったこともありますが、近年の勢いを見て信じてきて良かったと思います。
棚橋と中邑には本当に頑張ってくれたという気持ちでいっぱいなんです。

ここで急きょ、棚橋・中邑の2人がメインでぶつかる可能性が出てきました。
将来性を考えたら、もちろん、オカダと内藤をメインに持ってくるほうが自然でしょう。
最近ファンになった人などはむしろそっちの方向が大きいかもしれません。
ただ、2004年ごろから見ていたファンは、どちらかというと
棚橋と中邑が久しぶりにメインでぶつかるのを見たいという人が多いのではないでしょうか。

ここ数年を引っ張ってきた2人がメインになるのか?将来のスターたちがメインになるのか?
注目のファン投票はこちらから!!

新日本プロレス 1.4東京ドーム ダブルメインイベント投票ページ

※1人1回のみ投票可能。
※受付終了時間は2013年12月8日(日)深夜0時を予定。


現時点での決定カード


■新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 8 in東京ドーム」
2014年1月4日(土)東京・東京ドーム 開始17:00

<ダブルメインイベント IWGPヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
[王者]オカダ・カズチカ
[挑戦者]内藤哲也(『G1 CLIMAX 23』優勝者)
※第59代王者オカダ、7度目の防衛戦

<ダブルメインイベント IWGPインターコンチネンタル選手権試合 60分1本勝負>
[王者]中邑真輔
[挑戦者]棚橋弘至
※第6代王者・中邑、5度目の防衛戦

<IWGPジュニアタッグ選手権試合4WAYマッチ 60分1本勝負>
[王者]ニック・ジャクソン、マット・ジャクソン
[挑戦者]アレックス・シェリー、KUSHIDA
[挑戦者]アレックス・コズロフ、ロッキー・ロメロ
[挑戦者]タイチ、TAKAみちのく
※第37代王者組、初防衛戦
※4チーム同時に通常のタッグマッチを行い、いずれかの1チームが勝利した時点で決着とする。

<スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負>
永田裕志、桜庭和志
ダニエル・グレイシー、ホーレス・グレイシー




関連リンク


1.4東京ドームメイン、ファン投票で決定|スポーツナビ
新日本プロレスvs.ももクロ興行戦争|スポーツナビ
新日本プロレスリング:【WK8】オカダと内藤、中邑と棚橋、デヴィットと飯伏が、タイトルマッチに向けてコメント!【1・4東京ドーム対戦カード発表記者会見】

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。







タグcloud
リンク