コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


ガンダムビルドファイターズ終了!しかしプロデューサーの意味深なツイートが…?


      [ 2014/04/03] アニメ ガンダム 編集

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで>オールガンプラ総出撃!となった『ガンダムビルドファイターズ』。

最終回はこれまでガンプラを動かしていた異世界の石、『アリスタ』が暴走したため、決勝大会会場に突如として、宇宙要塞ア・バオア・クーが出現。このままだと会場全体に危険が迫るため、ガンプラファイターたちがア・バオア・クーに突撃するという、従来のガンダム作品を踏襲した話となりました。


しかし、プロデューサーさんのTwitterで、最終回終了後に「エイプリルフール」に意味深なツイートがされたことがネット上で広まりました。

今回の記事では最終回に触れつつ、件のツイートをご紹介したいと思います。


最終回の熱量とMS陣に感動しっぱなし!


これまで一緒に戦ってきたMSたちが一緒にア・バオア・クーに突撃するというストーリーは、どこか使い古されながらも鉄板でしたね。あれで熱くならないガンダムファンはいないと思います。
スタービルドストライク、ベアッガイⅢ、ガーベラ・テトラ、ウイングガンダムフェニーチェ・リナーシタなどの機体が次々とア・バオア・クーへ向けて進むなか、MSのニセモノが出てきます。アリスタの暴走により、ア・バオア・クーを守らんとするニセガンプラたちとの死闘がここから始まります。

キャロちゃんのナイトガンダムも地味に改修されていましたし、ニルスの戦国アストレイも上手くキャロちゃんをサポートしながら戦っていました。
そして誰もが待った、『クロスボーンガンダム・魔王』の登場!胸部のガイコツからサテライトキャノンを発射するというとんでもない火力でした。

一番嬉しかったのはレジェンド勢と言いましょうか、マオ君の師匠、そしてラルさんがついに出撃してきてくれたこと!師匠はそのまんまマスターガンダムのガンプラを操り、ラルさんは『グフR35』という機体を使っていました。2人ともデタラメな強さで、

「ああ、だからこの人らは大会に出なくていいんだ」


と納得してしまうほどの強さでした。ラルさんと師匠の合体技は、Gガンダムの超級覇王電影弾を思い起こさせる技でしたし、師匠の石破天驚拳…ですよね?あれ。一気に数十体のガンプラもどきを倒した腕は凄まじすぎました。ラルさんのグフはバルカンの連射だけで次々とガンプラもどきを倒しちゃいますし、あのグフ、キット化されたら買う人多いだろうな…。


セイとレイジのピンチに駆けつけた父の機体


ア・バオア・クー内部に突入したセイとレイジは、粒子ビームの直撃を受けそうになりますが、アイラとチナちゃんがかばって守ります。これが普通のガンダム作品なら2人とも死んでいたところだと思いますが、ガンプラで本当によかった…。

その後、ユウキ会長が合流しますが、なんと『ガンダムエクシアリペア』が登場!


ガンダムエクシアリペア
METAL BUILD ガンダムエクシアリペアガンダムダブルオー2期の版権が切れていないため、2期の機体は出せないと聞いていたんですが、28日に版権が切れたので登場させることができたらしいんですね。

放送日は31日ですが、それを見越して作品を作っていたとは…ガンダム愛にあふれた作品となりました!



さらに、セイの父、タケシが合流!父の操るガンプラは

パーフェクトガンダム
1/144 MSVモビルスーツバリエーション パーフェクトガンダムそう、その昔、コミックボンボンで第一次ガンプラブームを巻き起こした漫画、『プラモ狂四郎』の主人公、京田四郎の愛機、パーフェクトガンダムがついにアニメで動いたのです!

パーフェクトガンダムがアニメで見られる日が来るなんて誰が予想したでしょうか。

私はてっきり初代ガンダムが来るかなと思っていたんですが、まさかパーフェクトが登場するとは…。

タケシは守りを引き受け、セイとレイジはア・バオア・クー中心部へ。アリスタの発する粒子の渦に翻弄されながらも、ビルドガンダムMkⅡのブースターをスタービルドストライクに合体!

最後の技はハイパービルドナックル!石を破壊するには拳!

一発目でヒビが入り、最後のトドメを放つんですが、あそこの場面、Gガンダムのゴッドフィンガーぽかったんですよね。同じナックル系の技ということで、あえてそうしたのかなとも思いました。


放送終了後、プロデューサーが意味深ツイート


ビルドファイターズは多くのガンダムファンの夢を乗せ、放送が終了しました。
レイジはアリアンへ帰り、そこにアイラも着いて行ってしまいました。

元々はアリアンのコソドロだったというマシタ会長は、秘書・ベイカーちゃんとガンプラもどきをアリアンで売る毎日。あの秘書、セイラさんのコスプレをしていた、ただのコスプレイヤーだったという驚きの設定が明かされましたが、お似合いの2人っぽかったです。


さて、放送終了後の4月1日、エイプリルフールに、ガンダムビルドファイターズのプロデューサーである小川さんが以下のような意味深なツイートを残しておられます。








…となると、ガンダムビルドファイターズの新シリーズは決定しておらず、しかも「その後につながる」新作映像が6月には見られないのかー。残念だなー(棒)。

もし、もしですよ。これがエイプリルフールネタだったとすると、「これはウソ」となるわけで、そうすると…?


ああ、アリアン編やってほしい!
なんとなく、アリアンの空はコロニーっぽかったんで、どこかの宇宙にあるコロニーの国みたいな感じだったんですよねえ。続編…期待してもいいのかな?


『プラモ狂四郎』の生みの親、やまと虹一先生が!


30余年前、ボンボンで連載していた『プラモ狂四郎』で登場したパーフェクトガンダムがビルドファイターズ最終回で動いたことを受け、作者のやまと虹一先生がパーフェクトガンダム及び、狂四郎とセイ君がハイタッチをしている場面を描いておられます!

時代を越え、出会った2人のガンプラビルダーに拍手!

ガンダムビルドファイターズ最終回を見て…。 - 続・やまと屋ブログ堂


関連リンク


ガンダムビルドファイターズ

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。







タグcloud
リンク