コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


【PSP】空の軌跡FCに深い思い入れが出てきた…クリア後SCへ。止めどきがわからない!


      [ 2014/07/11] ゲームレビュー RPG 編集

【始める前】
「コテコテの王道RPGって聞いてたから、まあ無難な作りなんだろうな」

【今】
「こんなにストーリーにのめりこめるRPGを俺は知らない」


発売から10年が経った「FC(First Chapter)」をいま、初めて体験しています。


ストーリー性はかなりのもの


事件に次ぐ事件の連続。それが「空の軌跡FC」から続く「軌跡シリーズ」に見られる最大の特徴。これほど深い設定をしているRPGは珍しいです。


「サブクエストをクリアしてから本編に移行するとセリフが変わる」のも細かいなと思いました。

普通、本編とサブクエストは、それぞれ独立しているものです。サブイベントをクリアしてから本編に戻っても、サブイベントで交わした言葉や人間関係は「なかったこと」になっていたりするものですが、このゲームは違いました。

サブクエストをクリアする順番によって、その後のセリフ回しが変わるんです。たとえば、あるクエストを先にクリアしてから本編に戻ると、主人公のエステルがこう言うんですよ。

「あ、そういえばあの人…こないだ行ったところにいたわね…」


そして、サブクエストをクリアした場所に行くと、こんなメッセージが出るときもあります。

「おお…あんたがたは、こないだお世話になった…」

これ、結構細かいなと。

サブクエストで起こった小さな人間関係がその後のセリフに影響してくるというのは、仮想世界でありながら、そこにいる人たちが普通に生活しているかのような味わいを持たせてくれるんです。


また、主人公のエステルが必要以上に「女の子」していないのが良いと思いました。
この「FC」は準遊撃士として大陸を旅するエステルとヨシュアの物語ですが、エステルがあまりにも女の子らしいと男性プレイヤーはプレイしにくかったと思うんです。

でも、エステルが男まさりの女の子なおかげで、「女性主人公を操作している」感覚は薄れます。あ、男まさりなだけで、エステルはちゃんと女性らしいところが満載ですから(笑)。

休むヒマを与えない事件の連続が魅力


この「軌跡」シリーズ、特にその第一弾となる「FC」。

話には聞いていましたが、物語にググッと引きこまれますねえ。
なんでこんなに時間を忘れて冒険しなきゃならないのか…(笑)。

最初はエステルとヨシュアしか出て来なかったので、正直、途中つまらないなと思っていたんですが、第一章を過ぎたあたりから港町には行くわ、学園祭には参加するわ、サブクエストは豊富になるわ、次々と異様な事件は起こるわで本当に休んでいるヒマがないんです。自由な時間がないというのもとても良いものです。

新しい地域に行くと、そこがまた事件の連続で止めどきがわからなくなります。俺の指を誰か止めてくれー(笑)!ああ…でも先が気になる!気になって夜も眠れん!というわけでまたPSPの電源を…というふうに、プレイをいつ止めるか本当に迷います。

本編をクリアしていくのも楽しいんですが、サブクエストの充実度もすごいです。しかもそのひとつひとつにドラマがあるんです。

モブキャラひとりひとりに名前がついていて、彼らには彼らなりの人生がある。それを傍観者ではなく、積極的にクエストをすることで彼らの人生に遊撃士として少しでも関わることができる喜びを噛みしめています。

そして「SC(Second Chapter)」へ


プレイ時間が40時間になったあたりでFCをクリアしました。

FCからSCへ、そして3rdと物語がつながっているのは知っていたんですが、まだ全然物語は完結していないのに、続く形で終わるのは「次への渇望」を呼び起こすのに十分でした。


「First Chapter」の頭文字を取って「FC」としているだけあり、まさにゲームを丸々1本クリアして、ようやく序章みたいな感じです。エステルとヨシュアの関係、そして他の遊撃士たちとも次作でつながることになります。

「え?あの人が仲間になるの!?」


と思ったことも。これは連続ドラマならではでしょうね。「FC」では単なるNPCに過ぎなかったキャラが「SC」では…?

といったように、物語や舞台設定はそのまま引き継ぐので、「FC」からプレイしていると本当に感情移入がしやすいゲームだなと思いました。

意外なことに、「FC」のセーブデータを丸々、レベルまで引き継げるのには驚きました。

「FC」で上げたレベルを見て、

「おいおい、俺、ここまでレベル上げてるんだぞ?SCの敵なんか相手にならないだろ」


と思っていた自分の読みの甘さを恥じたいです。

実は「SC」では「FC」のレベルをそのまま引き継げ、HPや攻撃力のステータスもクリア時のままです。ですが敵がそれに合わせて強くなっているので、全然問題なく「新たな物語」を楽しめるようになっているんです。

こちらのレベルが40なら敵も40というふうに、「FC」のクリアレベル以上の敵が出てくるところからスタートするので、残念に思う必要はまったくありません。そこはうまいこと調整されています。

「FC」「SC」ともに難易度は普通でプレイしていますが、これが最大難易度だったらどうなるんだろうと怖くなりました。「FC」のラスボスも一度全滅して、えらい目に遭いましたから…。

まだまだ先は長い「英雄伝説」を楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。







タグcloud
リンク