コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


【映画】コミック「予告犯」が映画化決定!


      [ 2014/06/26] 芸能・ニュース 編集

新聞紙を頭からかぶって犯行予告を次々と行っていく「シンブンシ」を主人公としたコミック、筒井哲也氏の「予告犯」が映画化されることがわかりました。

いやー、ついに映画化ですか!私も以前にこのマンガの感想を書いたんですが、映画化しやすい舞台設定ではありますよね。

いま話題のマンガ、緊迫のネット・サスペンス・スリラー「予告犯」 【 AMGブログ 】


IT社会やネットを通じた犯行予告などを題材としているため、いまのネット社会にマッチする内容であるとは思います。このマンガを読んでいて毎回、胃が痛くなるのは奥田君がIT企業で無能扱いされてしまう場面ですね…。あれは社会人なら胃が痛くなる内容です。共感した人も多いと思います。

会社というのは、一人でも陰湿な人間がいると、すぐにでもその場から離れたいと思うものです。逆に職場の風通しが良いと、よし、仕事頑張るか!という気になりますよね。いま、ブラック企業が問題となっていますが、いまさらかっていう感じもします。

奥田君のいたITの企業と同じか、もしくはそれ以上の地獄を体験した人も多いと思います。私も過去にはブラック企業に勤めてしまった経験がありますので、こういう会社はどんどん罰則を与えて無くなって欲しいですね。

今、注目される「ブラック企業」だが、もっと早く問題にしてほしかった 【 AMGブログ 】


そういった「声なき声」の人の代弁者として「シンブンシ」の予告が映えるわけですが、この作品の特徴は「動画サイトを使った犯行予告」。

現在主流となっているネット生放送が抱える闇や、ネット社会ならではのダークな部分を描いていたり、現代社会が抱える「闇」を描写しているのも共感を読んだ部分だと思います。。

コミックナタリー - 「予告犯」実写映画化!動画サイトで犯罪予告する覆面描く


スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ 映画マンガ予告犯ブラック企業




タグcloud
リンク