コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


僕がスマホゲーム「モンスト」にハマったワケ


      [ 2016/03/27] アプリ アクション(アプリ) 編集

「ただ弾くだけのゲームがおもしろいはずないじゃん!」

僕は「モンスターストライク」を始める前、そう思っていました。

しかし、現在ではガッツリハマっています。それにはちゃんとした理由があります。


モンストは単純なゲームです。モンスターを引っぱって弾く。ただそれだけのゲームです。そのシンプルさゆえに、子ども向けなのではないかと思いたくなることでしょう。

ところが、このゲームはそんなシンプルさに隠れ、奥が深ーいものがあったりするのです。


  • 「オーブ」がたくさんもらえるので、ガチャが引きやすい
  • これ、最初のころ、よく思いました。モンストではスタミナを回復させたり、ガチャを引くのに「オーブ」というものが必要になります。

    一度使いきってしまうと、また溜めるのには時間がかかりますが、数日放っておくと、「メンテナンスの遅れのお詫び」などという名目で、オーブが結構もらえたりします。ガチャの中には「オーブ5個でレアキャラが引けるガチャ」があるので、そこで重宝するわけです。オーブを溜めておいて、後でガチャに使うなんてこともできちゃいますよ。

  • 弾くだけでは終わらない攻撃方法がある!
  • ゲームを始めて意外に思ったのがコレでした。モンストって、モンスターボールを指で弾くだけのゲームだと思っていたんですが、自分のモンスターに別のモンスターをぶつけることで、上下方向にレーザーを打ち出したり、相手に向かって飛んで行く弾を発射したりと、実にさまざまな攻撃方法があるんです。

    モンスターにモンスターをぶつけ、その技を利用して敵を倒していくということがカギとなります。イベントなどでは頻繁に使うテクニックですね(敵が強いので)。

    また、ボスモンスターには弱点がありますが、この弱点を見極め、何ターンか来ると発動できる「ストライクショット」によって、一気にダメージを与えるのが快感になってきます。使い方によってはザコモンスターを画面内から一気に消し去ることも可能なので、ストライクショットによる一掃の快感が味わえるのも魅力です。

  • グラフィックの進化が熱い!
  • にくい演出だなあと思いましたね。他のゲームはどうなのかわかりませんが、モンストは最初、仲間になるモンスターは当然、レベル1から始まります。グラフィックも単純なわけですよ。

    しかし、「強化合成」をしてレベルを最大まで上げ、そこから「進化」をさせると、単純なグラフィックだったモンスターが、複雑な絵柄になり、最終的にはレアキャラレベルにカッコよくなってしまうんです!これが「やりがい」につながりました。最初のシンプルな絵柄のモンスターをいかに最終進化まで導くか…これがモンストの楽しさのひとつです。

  • コラボが熱い!
  • 現在(2016年3月18日現在)、モンストは「ドラえもん のび太の新・日本誕生」とコラボしており、ドラえもんや「精霊王ドラゾンビ」がモンスターボールとして登場しています。過去にはルパン三世やストリートファイターVなどともコラボし、期間限定で入手できるモンスターが存在します。このコラボモンスターを入手するのも楽しみのひとつなんです。


この他にも、イベントで「合成をすると経験値が大幅にアップする」モンスターが入手できたり、イベントでしか入手できないモンスターがいたりと、楽しみ方は無限に広がります。

それもこれも、単純なゲーム性があるからこそ、という感じがするんです。複雑なシステムのゲームもいいんですが、モンストは「何も考えずにバシバシ、モンスターを弾いて飛ばしてぶつける」このシンプルさゆえに大ヒットしたのではないかなと思うんです。実際、現在では「モンストシステム」とも言うべき、「引っぱって弾く」タイプのアプリがいくつか登場しています。これはモンストの功績でしょう。

シンプルなゲーム性、多種多様なモンスター、強化・進化によるグラフィックの変化、オーブを使ったレアガチャなど、こういった要素がうまく合わさり、ひとつのゲームとして確固たる地位を確立しているのが、この「モンスターストライク」というゲームなのだと思います。

まだプレイしていない人、ダマされたと思って一度やってみてください。

関連リンク


モンスターストライク(モンスト)公式サイト

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。







タグcloud
リンク