コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


【新日本プロレス】キングオブプロレスリング2016 試合結果感想


      [ 2016/10/11] プロレス 新日本 編集

新日本プロレス キンプロ今年も大盛り上がりのまま終わった新日本プロレスの両国大会「キングオブプロレスリング」!

メインはG1初戦のメインカード、「オカダvs丸藤」であり、セミファイナルはG1決勝戦のリマッチ!さらには第0試合でテレビアニメ放映記念試合として、「タイガーマスクW」が新日本プロレスに降臨!

という、なんとも豪華なマッチメイクに彩られた今年のキンプロはどうなったのか?それでは僕が個人的に注目していた試合(メイン、セミ、第0試合)を中心に、感想を述べていきたいと思います。

第0試合 テレビアニメ「タイガーマスクW」放送記念スペシャルマッチ


タイガーマスクW VS レッドデスマスク

なにげに楽しみにしていたこの試合!さて、どうなるか!?

レッドデスマスクの正体はわからなかったものの、タイガーマスクWが登場した瞬間、「アニメのマスクそのまま!?」って思いました。もし次の参戦があるなら、もうちょっとマスクを小さくできれば動きやすいのかもと思いました。

タイガーWが技を出した瞬間、どっかで見た覚えが…。コーナーから三角飛びケブラーダ、さらに打撃コンボ、寝ている相手へのムーンサルトフォールなど、遠い記憶の中にあった選手の香りがしてきました。

しかし、超高角度ジャーマン、スワンダイブミサイルキック、最後はタイガードライバーのまま、ラストライドのような形で落とすという技で、レッドデスマスクからフォールを奪いました。

いやー、これからアニメと現実がシンクロしていくのでしょうか。それともこれで終わりの一発参戦なんでしょうか。動きはかなり良かったですし、アニメの中の動きを再現してくれたので大満足の第0試合となりました。欲を言えば、春菜ちゃんやミスXが声だけでも出てきてくれれば言うことなしでしたね。


第8試合 セミファイナル 東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦


(チャレンジャー)後藤 洋央紀 VS (権利証保持者/G1 CLIMAX 26優勝者)ケニー・オメガ

「勝っても権利証はいらない」

こう公言する後藤がケニーにどう迫るかが見ものでした。

「突き抜けたい」

そう言っていた後藤は、最後、リストクラッチ式片翼の天使ともいうべき技で敗北しました。

しかし!今日の後藤はすごかった!突き抜けたと思うし、新日本プロレスの誇るレスラーだということをあらためて認識しました。試合開始前にはケニーを奇襲し、権利証ケースでぶっ叩き、ケニーをテーブルに叩きつけ、後藤史上最高の雪崩式回天と昇天改を見せてくれました。

負けたけど、プロレスにおいては負けた選手が輝くということがあります。今日の後藤洋央紀はまさに突き抜けたレスラーでした。本当にすばらしかった!IWGP戦線から撤退する必要なんてないし、獲れなくても、大一番で負け続けても、どんどん挑戦していってほしいと素直に感じました。


第9試合 メインイベント IWGPヘビー級選手権試合


(第65代チャンピオン)オカダ・カズチカ VS (チャレンジャー) 丸藤 正道

新日本プロレス下半期の大一番!G1で負けている丸藤相手にオカダはどう立ち向かうのか?これまでの先輩たちから受け継いできたすべてのものを出してオカダを潰しにかかる丸藤の2度目の対決の結果はどうなる!?

もう「すごい」

この言葉しか出てきません。団体対抗戦の様相が強かったこの試合、丸藤はリングサイドのエプロンでのパイルドライバーや、虎王、トラースキックの連続で、オカダがまさか負けてしまうのか!?と思いました。

しかし、最後の最後に、オカダは持っていました。


なんと丸藤にエメラルド・フロウジョン!!


あの三沢光晴の技にして、丸藤が使っている技、ノアの象徴ともいえる技をオカダが出しました。これにはシビれました。現代プロレスの申し子であるオカダが、三沢光晴の技を出した。これだけで今日のハイライトは完璧です。

そしてエメラルド・フロウジョンからのレインメーカーでピンフォール!この「エメフロからのレインメーカー」ってのがいいんですよ!四天王プロレスからの現在進行系の新日本プロレスを見せつけたって感じで、リスペクトありきのフィニッシャーという感じがしました。

これで東京ドームのIWGPヘビー級王座戦は「オカダ・カズチカ vs ケニー・オメガ」となりました。よく考えたらカタカタのリングネーム同士ですね。

今日の後藤戦でケニーはまたひとつ階段を上りました。そしてオカダがそれを迎え討つ格好になります。

棚橋、中邑がメインでない東京ドームというのは初です。時代が変わります。IC王座は果たしてどうなるのかということにも興味があります。ファン投票で内藤がメインに来たりしたら…なんてことも考えてしまいます。


その他、第3試合の新日本vsノアの対抗戦もすごく熱かった!お客さんがみんな熱くて超盛り上がってて、第三世代も全員熱かった!ノアの選手もみんな外敵の雰囲気出しててすごくよかったです。これぞ対抗戦!

中西があんなに動いてお客さんを乗せてるのも久々に見ましたが、元気すぎてて、まだまだ第一線でやっていけそうな感じがすごくよかったです。



今年のキンプロも大盛り上がりで終わりました!東京ドームのメイン出場選手も決まりました。


早くもドームへの機運が高まってきましたよ!

関連リンク


「タイガーマスクW」デビュー…その正体はあの男?=新日本 (スポーツナビ) - Yahoo!ニュース
10/10(月) 16:00 東京・両国国技館|戦国炎舞 -KIZNA- Presents KING OF PRO-WRESTLING|Match Information|新日本プロレスリング
内藤がエルガンに屈辱敗 BUSHIはKUSHIDAを指名=新日本 (スポーツナビ) - Yahoo!ニュース
柴田、NEVER王座V3も潮崎、EVILが次々と挑戦表明=新日本 (スポーツナビ) - Yahoo!ニュース

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。







タグcloud
リンク