コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


朝ドラの音を聞くと不安になっていたことがあった


      [ 2016/11/30] 生活 健康 編集

不安3


これ、理解されるかどうかわかりませんが、家にずっといた時代、私は隣の部屋で親が見ている朝ドラの主題歌を聞いたり、ドラマ内のBGMを聴くと鬱になっていました。

朝ドラというのは、15分間で山場を作らなければいけないので、盛り上がる場面で不安になるような音楽を大きくしたり、ドラマが終わる場面では音が大きくなります。あれが苦手でした。

自分はまだ寝ているのに、隣の部屋では親が大きな音で朝ドラを見ていて、そのドラマ内の展開が不安なもの、いわゆる「鬱展開」になると、その影響で自分まで鬱展開になっていたことがあるんです。ドラマの中で泣いてるシーンがあったりとか、怒鳴っているシーンなど、自分の心にも影を落とすような場面が影響したこともあります。

ですから、私はいまでも朝ドラが苦手です。両親は7:15からBSで過去の朝ドラを、7:30から現在の朝ドラを立て続けに見ます。一度見始めるとやめられないそうなんですが、朝ドラ2本分、30分間はきつい時期がありました。

別に朝ドラが悪いとかそういうわけではないのですが、BGMが鬱展開っぽいときはイヤホンをして、その音が聞こえないようにしていたぐらいです。

朝ドラだけではなく、社会問題系の番組のエンディングとか、あれもかなり心に来ることがありましたねえ…。高齢者問題とか、いろいろな問題提起をするNHK番組のエンディングって、ものすごーく鬱になる音楽がかかることがあるんです。あれはやばかったです。そして両親のような世代(60代以上)に限って?そういう番組を見ていることが多く、画面は見ていないけれど、その音を聞いているだけで心身が不安になることもありました。

たぶん、私のような方は少ないでしょうが、こういったことを感じていた時期もありました。ですから、身内に心に不安を抱えている方がいる場合、あまり鬱展開の番組の音を聞かせないようにしてあげてください。

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ 生活健康




タグcloud
リンク