コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


Facebookのデメリット「グループ内のルール」問題と自分が考えるSNSとの付き合い方


      [ 2017/02/20] PC・ネット・ブログ Webサービス 編集

Facebookに登録してみてちょっと使ってみると、Twitterや他のオンライン交流とは少し違った印象を受けることもしばしば。実際に私もいくつかのグループに入ってはみたものの退会をしたものもあり。


SNS疲れ2



SNSを楽しめない部分も多々あるなと思ったので、今回はFacebookのデメリット、そしてSNSとの付き合い方について書いてみた。ちなみに今回の話は以前所属していたグループでの話。

グループ内の「俺ルール」は考えもの


FacebookはTwitterとは違い、「グループ」というくくりがある。そこでは管理人がいて、同じ趣味を持つ仲間同士が気軽にコミュニケーションを取ることが目的のはずなのに、グループ内で管理人が「俺ルール」を押しつけてくる場合がある。

集団を統制するにはトップが必要。そしてそれはFacebookというSNSでも同様のはずなのだが、あまりにも管理人が前に出てきて逐一発言をチェックしているような状況が生まれると、そのグループ自体が窮屈になっていくと思う。


俺ルールの押しつけはやめよう


  • 名前は本名強制
  • プロフィール写真は顔写真
  • 友達申請は必ずメッセージを入れる

ネット上でもFacebookについての困った点として書かれている方がおられるが、多くはこの3つ。とにかく本名や顔写真を必ず載せることを決めている場合がある。

実際に知人や友人に知られたくない人もいる。身バレはしたくないけど、Facebookでグループ会話をしたいのでグループに加入している自分みたいな人もいるわけで。顔写真はできるだけ載せたくない。

こういったルールが決められていると、その場には居づらくなってくる。

あまりにも強制が過ぎると、黙って退会していく人もいるということをFacebookのグループ管理人は知っておくべき。


実際、Facebookにおいてグループ退会をするときには、

「グループを退出後、他のメンバーが再度追加できないようにする」


というチェックボックスが表示される。こんなものを用意するぐらいだから、「グループを抜けたメンバーを連れ戻そうとするメンバーがいる」事例が多くあるのだろう。ちなみにこのボックスにチェックを入れると、そのグループメンバーがあなたを呼ぶことは二度となくなる。

facebookでグループを削除したり退会する方法


ぶっちゃけ、上のケースは「使っている人の自由」。本名やプロフィール写真をどうしようが、友達申請のさいにメッセージを送るかなどは人それぞれ。ゆるく適当にやっていいと思う。必要以上にルール強制することは自由を奪うと思った。

実名制の弊害…これは結構大きな問題だと思う。Facebookで最も良い使い方は、実際の友だち関係の間でだけ申請を送りあい、グループ内で余程仲良くしているのでなければ友だち申請は送らない。これも大事ではないか。


管理人が出しゃばると閉塞感と取り巻きを生む


もちろんFacebookから実際の友人になったりする人もたくさんいるだろう。しかし、グループ内の発言や投稿に関して管理人が必要以上に管理しようとするのは、閉塞感と少数の取り巻きを生んでいく。管理人が発言したことに対して、少数の取り巻きが「いいね!」「よく言った!」などと賞賛し、ますます俺ルールの押し付けになっていく。

管理人は脇役でいい。俺ルールを強制したら、そのグループは長続きしないと思う。


グループ内の俺ルールは守るのに晒し行為をしているものもいる


実際に見たケースとして、グループでのルールは守っているのに、自分のタイムラインやグループの規約に反するような人がいたときには、たとえグループとは無関係であっても写真を撮って晒しているような者が存在する。

これでは自分たちの正義感のためなら晒し行為をしてもいいと考えている人間が少なからずおり、そういう人間がグループの古株として我が物顔で振る舞っていることもある。

これはグループ内においてひどくめんどくさい存在だ。こういう人間がグループ内で暴れていることが管理人の考える俺ルールに違反しているとは思わないのだろうか。

Facebookのグループ投稿のみで自分の行為はバレないと思っている人がいるとしたら、それは大間違いだ。メンバーから自分のタイムラインがいつでも見られてしまうことをわかっていない人が多いのではないだろうか。グループ内の投稿ではいい人を演じているかもしれないが、自分のタイムラインにも気を使おう。


SNSはもっと自由でいいと思う


自分が考えるSNS(TwitterやFacebook含む)との付き合い方は以下。

  • 名前や写真のルール押し付けはしない
  • コメントをしたければすればいいし、したくなければそれでいい
  • 「いいね!」をたくさんもらおうとして疲れてはいけない
  • 人と張り合おうとしない
  • 友達申請はメッセージがあったほうが不信感は減るけど、そんなに問題じゃない(私はTwitterでもそんなに制限をせずにフォローしてます。明らかな宣伝とかだったらNGだけど)
  • 自由に投稿して自由にやってていいと思うし、グループ内にいるからといって、あまり他人の意見を批判したりきついこと言わない(悪意のある投稿は黙ってNG)
  • 本当に気の合う人が出来たら友達申請を考える
  • グループの管理人は。明らかな規約違反レベルのことがあったらメンバーに伝えず、静かに削除するぐらいでいい


特に「名前や写真のルール押し付け」は個人の自由であるというスタンスを取ればいいと思う。ちなみに私はネットで顔写真を登録することほど危ないことはないと思っている人間。どこで誰が見てるかわからないから。

とはいえ、Facebookは適度な距離を保って付き合っていれば面白いツールだし、意見交換もできてとてもありがたい。自分のタイムラインなら自分の責任でなんとでもなるが、グループにおいては管理人のさじ加減ひとつで楽しくもなるし、つまらなくもなるということを痛感した。


関連リンク


facebookの俺ルールについて | 悠雀堂ブログ
Facebookを使用して解った3つの利点と5つの疑問 - BTOパソコン.jp
Facebookが合う人と合わない人
リアルに「いいね!」Facebookで相手を正しくちやほやする6つの大事な作法 | 株式会社LIG

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ ネットFacebook




タグcloud
リンク