コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


【新日本プロレス】棚橋弘至とオカダ・カズチカがドリームタッグを結成するに至った経緯とは!?


      [ 2018/11/10] プロレス 新日本 編集

tanaoka2.png

さる11月8日、新日本プロレスから驚きのニュースが飛び込んできました。それは

棚橋弘至とオカダ・カズチカがタッグを結成し、11月29日から始まるシリーズから共闘していくというもの。

棚橋弘至とオカダ・カズチカがタッグを結成する。これはここ数年の新日本プロレスで最大のサプライズでした。ありえなかったことが現実に起こったのです。

新日本プロレスのトップレスラーであり、これまで絶対に組むことのなかった2人がどうしてタッグを結成するに至ったのでしょうか。

経緯


そもそも、このタッグ結成にはある“きっかけ”がありました。それは10月8日、両国大会での出来事。

この日、棚橋は東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦の防衛戦に挑んでいました。相手は“スイッチブレード”ジェイ・ホワイト。若干25歳のヒールレスラーはこの試合で棚橋に負け、挑戦権利書を獲得できませんでした。

敗北に納得がいかないジェイは、試合後に棚橋をボコボコにします。


そこへ突然飛びこんできたのがオカダ・カズチカ!

試合後、棚橋のピンチをオカダが救出!直後にBULLET CLUB OGとジェイ&邪道&外道が結託しオカダをKO!:新日本プロレス公式サイト


この日一番と言っていい大歓声!サプライズはその後も続いていきます。

10月17日の後楽園大会の試合後、今度は棚橋が外道・ジェイから攻撃されているオカダを救出!会場は「まさか!」の風景に大興奮!しかしながら、ここでは2人とも歩み寄るような感じは見せませんでした。

試合後、暴走するジェイがオカダに暴行!レインメーカーのピンチを棚橋が救出……!:新日本プロレス公式サイト



まさかの握手!そしてツープラトン!


10月27日の後楽園。ついに歴史が動きます。

試合後、オカダがまたもや対戦相手から攻撃されていると、棚橋がそれを救出!そこからでした。オカダに「立て!」とうながし、2人でまさかのツープラントンエルボー!

この瞬間、実況は「うそぉー!?」と大絶叫。その後、なんとリング上で棚橋とオカダがガッチリと握手したのです!新日本プロレス最強コンビが結成された瞬間でした。

試合後、オカダのピンチを棚橋が救出……そして、逸材とレインメーカーがガッチリ握手!:新日本プロレス公式サイト


まさかまさかの超サプライズでした。というのも、この時期は1月4日の東京ドーム大会に向けて前哨戦や舌戦、いわゆる「種まき」が行われる時期であり、ここ数年は大きなサプライズはなかったのです。だから見ている僕も、どこか気を抜いて見ている感覚がありました。

ところがそうではなかった。新日本プロレスは次々と新しい仕掛けをしてきていたのです。年末のこの時期に、しかもドームのカードがお互いに決まっている状況でタッグを組んだ棚橋とオカダ。いささかスピードが早い気がしますが、この衝撃はドーム大会をも飲みこむような展開でした。

棚橋とオカダが組むというのは、どれほどすごいことなのか


新日本プロレスにとって、棚橋弘至とオカダ・カズチカがタッグを組むというのは「絶対にありえない光景」でした。

元々、2012年1月4日に凱旋帰国したオカダは、そのまま棚橋の持つIWGPヘビー級王座に挑戦を表明。2月の大阪で“レインメーカーショック”と言われた棚橋からの電撃的な王座奪取を果たします。

世紀の大番狂わせ! オカダがV11王者・棚橋を撃破! 内藤が次期挑戦者に名乗り!:新日本プロレス公式サイト


そのときの興奮は当ブログでも書きました。今見ても自分がどれだけ興奮していたのかが伝わってきます(笑)

【新日本プロレス】「“逸材” vs “レインメーカー”」大事件勃発!!~新日本大阪府立体育館大会~:AMGブログ


これを皮切りに2人の闘いは激しさを増していきます。ことあるごとにオカダと棚橋はシングル、タッグで激突し、激しくぶつかってきました。

エースとレインメーカー。2人の超人は対角線に立つことはあっても、「タッグを組む」という選択肢は見ているこちら側も想像すらしなかったことなのです。

もうどうするんだろうという思いで不安になります。というのは「このタッグに勝てるチームっているの…?」ということ。

新日本プロレスが誇る2人のレスラーが同じコーナーに立つ。鳥肌が立ちます。たぶん昔なら武藤敬司と三沢光晴が同コーナーに立つぐらいの興奮。それがこの2人にはあります。ヤバイです。

11月29日からの後楽園、その後も2人のタッグは継続!


さて、11月29日からはいよいよ「棚橋・オカダ」タッグが始動します。29日の後楽園ではKUSHIDAとトリオを組み、「棚橋・オカダ・KUSHIDA」と、現在の新日本プロレスのヘビー級とジュニアヘビー級のトップがそろい踏み。

さらに11月30日の後楽園から12月7日の秋田大会まで、棚橋・オカダ・KUSHIDA・ロッキー・ロメロという4人が同じリングに立ち、バレットクラブと闘っていくとのこと。

これ、バレットクラブにとってはかなり難しい試合になるんじゃないかなという印象です。どう考えたって棚橋チームに大歓声が送られるのは間違いありません。その存在感に対抗し、自分たちのチームのカラーをどう観客に見せていくのか。本当に難しい試合になりそうです。

新日本プロレスを何十年と見ている僕でも、今回のサプライズからのタッグはかなり興奮しています。棚橋とオカダって「組んじゃいけないレスラー同士」の筆頭みたいなものだったからです。どうしたってお互いがお互いを引き立て合うに決まってますし、他のレスラーがかすんでしまうぐらいのオーラがあるんです。

ある意味「危険な果実」。しかし、見てみたい禁断のタッグ。

ドーム直前までタッグを組んで、ドーム大会はどうなるのか?そして

「ドーム後の展開はどうなるのか?」

このままタッグ継続か?それとも解消か?

下衆な勘ぐりをすれば、オカダが棚橋を裏切るためにあえて誘いに乗った…という見方もできますし、その逆もありえます。ただ単に「バレットクラブを倒すためにタッグ組みました」じゃ味気ないですから。その先の大サプライズがあるのかないのかはまだわかりません。

今はとにかくこのドリームタッグが結成されたことを素直に喜びつつ、29日を心待ちにしたいと思います。




オカダ・カズチカ 10 Years Anniversary DVD
TCエンタテインメント (2015-03-27)
売り上げランキング: 64,362



関連リンク


棚橋&オカダ歴史的タッグが実現、11・29後楽園 - プロレス : 日刊スポーツ
新日本、棚橋弘至とオカダ・カズチカがバレットクラブ制裁へ夢の合体!|ニフティニュース

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ コラムプロレス新日本プロレス




タグcloud
リンク