コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


初めて全身麻酔を体験した体験談


      [ 2019/09/18] 生活 健康 編集

手術

僕はここ3ヶ月ほど、病気をして入院していました。

大腸憩室炎が悪化し、開腹手術を行って腸内洗浄をしなければいけないという、とんでもない状況になり、自分自身、人生初の手術と入院を体験することになりました。

そんななか、僕は今回、初めて全身麻酔というものを経験しました。

最初は怖くてしょうがなかったです。手術のさいは全身麻酔をするということは知っていましたが、いざ自分がされるとなると、

「どんなことをするんだろう…痛くないんだろうか」

ということだけ考えまくっていました。

手術室に運ばれた僕は、最初、背中に麻酔を打つと言われました。なんでも術後の痛みが全然違うそうで、それならばとお願いすることにしました。

「はっきり言って痛いよ?」

そう言われましたが、実際は背中がチクッとしただけで全然痛くありませんでした(笑)。麻酔科の先生はなんであんなに脅したんだろう…。

そして呼吸器をつけ、いよいよ全身麻酔に入りました。記憶は曖昧なんですが、たしか点滴から麻酔液を入れて全身麻酔をしたと記憶しています。

「それじゃあ、おやすみなさい~」

と言われ、麻酔液が入ってくる感覚があり…それからは記憶がありません。ほんとに。

「こんな緊張してる状態で眠れるわけ無いだろ!」

と思っていたんですが、そんな抵抗はムダな努力でした(笑)。

スッと意識がなくなる感覚があったのは覚えていますが、次に「○○さ~ん、わかりますか~?」と起こされるまで、痛みも意識もまったくありませんでした。

これには驚きました。全身麻酔とはいえ、どっかで痛みを感じるんじゃないかとビビっていたからです。それが全然なかったことが驚きでしたし、かえって安心してしまいました。

まあ、大変だったのは術後です(笑)。麻酔をかけて手術したまではいいんですが、その後に傷がふさがるまでずいぶんかかりました。

とにかく、これから手術で全身麻酔をする!という方はどうぞ安心してください。なんにも痛くありませんし、手術が終わって起こされるまでは意識がまったくありませんから。

麻酔ってすごい…そう感じた人生初の手術でした。

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ 健康




タグcloud
リンク