コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


新日本プロレスワールドの【新日本プロレスリング旗揚げからの歴史】ページがすごい!


      [ 2019/09/25] プロレス 新日本 編集

新日本プロレスが提供する動画サイト、「新日本プロレスワールド」のトップページから飛ぶことができるページ、
新日本プロレスリング旗揚げからの歴史 - njpwworldがひじょうに使い勝手がよくまとめられている。

新日本プロレスは1972年1月26日の旗揚げを行い、2019年現在、旗揚げからじつに47年の歴史があるプロレス団体だ。その新日本プロレスが2014年に開設したのが新日本プロレスワールドだ。

非会員でもこのページは見ることができるし、年表形式でまとめられていて、該当試合がワールドにあればその試合を年表からすぐ見ることもできる(ワールドに試合動画がない場合は見ることができない)。


使い勝手がとてもよい


この年表の使い勝手のよいところは以下。

・主要な試合が新日本プロレスワールド内にあれば、年表から直接試合動画を見ることができる
・最新の試合から見られるので直近の大会を振り返るのにも便利
・めちゃくちゃ時間泥棒


この3つとなる。新日本プロレスの歴史とともに主要大会の動画を振り返るだけでも相当な視聴時間がかかるので、時間泥棒の最たるものになってしまう(笑)。嬉しい悲鳴だ。

こうして年表と動画がリンクされていると、「ああ、あの試合はこの時期だったか!」と思い出とともにフラッシュバックしてくるのでとても助かっている。使っているとよくわかるのだが、どんどん動画を見たくなってくるのだ。

新日本プロレスのファンになって30年


思えばいろいろあったなあ…と、この年表を見ていて思う。僕は新日本プロレスファンになって30年になる。小学校6年生のとき、弟がたまたま見ていた新日本プロレスを一緒に見たことが新日本プロレスにハマったきっかけだった。

たしかそのとき、新日本プロレスは土曜日の夕方に放送していて、テレビでは獣神サンダー・ライガーが誰かに雪崩式フランケンシュタイナーを決めている場面だった。あの場面を見て、「なんだこれは!?」と思ったのが最初の感想だ。

あれから30年。僕は新日本プロレスをずっと見てきた。レイジングスタッフや闘魂三銃士の時代から90年代最後の小川橋本の抗争、全日本プロレスとの開戦、ノアとの初遭遇。永田裕志のIWGPV10時代。天山がG1を初制覇した2003年。中邑・棚橋が台頭してきた2005年。

いまでも語り草となっている、棚橋と後藤の2007年のIWGP戦。オカダ・カズチカが凱旋してきたレインメーカーショックの2012年~と、僕は新日本プロレスとともに育ってきた。40歳を超えたいまでも新日本プロレスにはワクワクさせられっぱなしだし、新日本プロレスワールドでの大会視聴も欠かさず行っている。

年表から見る新日本プロレスのスゴさ


この年表を見ていると、いかに新日本プロレスという団体が進化をくり返しながらいままで歩みを進めてきたのかがひと目でわかる。栄枯盛衰と言われようと、2005年あたりから暗黒時代と言われようと、新日本プロレスは消えることなく日本に存在しつづけてきた。

勢いがもっともなくなっていたと言われる2005年に、ゲーム会社のユークスが新日本プロレスを子会社化してくれたことが一番の救済策になったと言われている。これがなかったら新日本プロレスは潰れていただろうと。棚橋弘至がアメリカ行きを考えたのもこのころだと言われているし、客入りがどんどん厳しくなっていったのもこのころだった。

しかし、ユークスは我慢強く支援をしてくれた。ファンとしてもユークス時代は本当に「支えてくれた」という認識が強かった。そして「種まき」が済んだ2012年にブシロードが新日本プロレスのオーナーとなる。この流れがいまの新日本プロレスの勢いを決定づけた。現在までつづく新日本プロレスの隆盛はこの2社によって支えられてきたのだ。



新日ファンはもちろん、新日本プロレスという団体を知らなかった人、いつからか新日を見なくなってしまった人に見てほしい。自分がどの時代の新日を一番見ていたのか、いまでも見ているのか、再び見てみようと思ってくれるのか、その答えがこの年表にあると思う。


この年表、つくるの本当に大変だったろうなあ…スタッフの方、本当にお疲れさまです。

新日本プロレスリング旗揚げからの歴史 - njpwworld


スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ プロレス新日本プロレス




タグcloud
リンク