コラム・ゲーム・プロレス記事のブログです。

スポンサーリンク


「12人の偉大な女性エレキギタリスト」オリアンティ(Orianthi)のアルバム「Believe」は絶品!


      [ 2010/10/07] 本・音楽 音楽 編集

マイケル・ジャクソンのコンサート、「THIS IS IT」のリードギタリストとして
一躍注目を浴びた「オリアンティ(Orianthi)」のアルバム、「Believe」を聴きました。
1曲目の「According To You」は最高にオススメです!

ビリーヴ(初回限定盤)
ビリーヴ(初回限定盤)

本名はオリアンティ・パナガリス。(Orianthi Panagaris)
1985年1月22日生まれ。

彼女のスゴさは以下。

・6歳からアコースティックギターを始め、11歳でエレキギターを始める。
・15歳でスティーヴ・ヴァイのサポートメンバーとしてステージに立つ。
・18歳でカルロス・サンタナと共演。
・現在に至るまでに、プリンスとの共演、エリック・クラプトン主催の
 「クロスロード・ギター・フェスティバル」への参加などの実績を積み重ね、
 「12人の偉大な女性エレキギタリスト」のひとりとなる。

私も洋楽好きですが、彼女は間違いなく「ホンモノ」だと思いました。

「According To You」を聴いて、

「あれ?POPな感じであまりギター全般って感じじゃないの?」

と思われた方は、10曲目の「HIGHLY STRUNG」を!
スティーヴ・ヴァイが参加しているこのギタープレイ!
彼女のテクニックを思う存分味わいたいならこれです!
なんといっても「疾走感」がハンパない!

さすが、マイケルがリードギタリストとして選んだだけあると思いました。
ギタリストとしての彼女を芯まで聴きたいなら、1stアルバム「Violet Journey」です。

Violet Journey
Violet Journey

ただ、「聴かせる曲」としての完成度はビリーヴが上です。
聴きやすさなら2nd、ギタリスト「Orianthi」なら1stかなと思います。



動画追加

オフィシャルチャンネルより。
アコギを外で弾いている彼女。やっぱりウマイ・・!

オリアンティ公式チャンネル(Youtube)


動画はこちらから





Orianthi Performing Drive Away (Acoustic)

スポンサーリンク
このカテゴリのランダム記事

Twitterによる更新情報の配信も行なっております。下記バナーをクリックして、アカウントをフォローしていただければ、AMGブログの最新記事があなたのタイムラインに表示されます。



関連するタグ




タグcloud
リンク